読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日を。ベタベタデイズがお送りします。

【無料】Microsoft OfficeとWindowsの試用版まとめ

f:id:rough-maker-an9:20160407162233j:plain

 

期間限定で無料で使える、OfficeとWindowsをまとめました。

 

 

マイクロソフト社のOffice、Windowsは今でも非常に多くのユーザに愛用されていて、仕事やプライベートはもちろん、ブログを書くときに使う方もいると思います。

 

今回はそんなOfficeやWindowsについて、マイクロソフト社が公表している無料の試用版をまとめました。

 

ちなみに、記事の最後に取っておきの情報を載せているので、ぜひ読んでいってくださいね。

 

目次

 

 

 個人向け - Office 365 solo

 

無料試用版 - Microsoft Office 365 Solo

 

個人向けに用意されている試用版は、Office 365 solo1種類のみで、WindowsOSについては試用版がありません。

 

法人向けの契約にOffice 365 Businessや、Office 365 Business Premiumという契約があるので、それと混合しがちですが、

 

個人向けのOffice 365は、Office 365 soloのみと覚えておくといいでしょう。その他の製品はすべて法人向けです。

 

インストール方法

Office 365 Solo インストール - Office 365 Solo

 

インストール方法は、こちらの公式ページを参考にするといいでしょう。

https://setup.office.com/

↑このURLから、25桁のプロダクトキーを入力すればすぐにインストールができます。

 

なお、Office 365 soloの試用版を使うにはクレジットカード情報の入力が必要で、なにもしないままでいると、

自動的に1カ月版の製品を契約されてしまい、課金が発生してしまいます。

 

win-and-off.techblog.jp

 

この自動更新をオフにする方法は、こちらのページを参考にするといいですよ。しっかりとした図が載っていてとてもわかりやすいです。

 

ただ、注意したいのはマイクロソフトのサイトは変化が激しいということ。

 

昨日までこのやり方でインストールできていたのに、今日になったらページが存在しなくなっていた…なんてしょっちゅうです。

 

もしインストール方法や自動更新をオフにする手順に困ったら、迷わずマイクロソフトのサポートへ電話、またはチャットして問い合わせましょう。

 

nogunori.hatenablog.com 

 

法人・個人事業主向け

続いては法人・個人事業主向けの試用版です。

 

Windowsは8と8.1と10の3種類、Officeは全部で4種類あります。

 

個人でも法人向けの試用版は使える!?

 

法人向けとあり、ダウンロードには在籍する部署や、試用する目的を選ぶように要求されますが、どうやら個人のユーザーでも利用できそうです。

 

実際に登録してダウンロードしてみました。

 

f:id:rough-maker-an9:20160407193025p:plain

 

Project Professional 2016です。どんな用途で使うソフトなのか全くわかりませんが、とりあえず「登録して続行」します。

 

f:id:rough-maker-an9:20160407193236p:plain

 

 名前とメールアドレスの入力が求められました。変なメールがきそうで登録するの嫌だなあ…。

しかし読者の皆さんのため!迷惑メールの生け贄になりますよ!

 

f:id:rough-maker-an9:20160407193345p:plain

 

もちろんニュースレターやらなんやらのチェックマークは外します。次へ。

 

f:id:rough-maker-an9:20160407193430p:plain

 

言語が選べるようです。なかなか種類多いですね。フィンランド語とかチェコ語なんてマイナーな(←失礼)言語まで選択できます。便利ですね。

 

f:id:rough-maker-an9:20160407193536p:plain

 

日本語をチェックして次へ。ポルトガル語って2種類あるんだな〜。

 

f:id:rough-maker-an9:20160407193707p:plain

 

そうこうしていたら、あっという間にダウンロード画面にたどり着きました。プロダクトキーも表示されていて、.exeファイルのダウンロードも始まったので、これでインストールすることができそうです!

 

あいにく私の環境はMacなので、Windows専用のProject Professional 2016はインストールできませんが、WindowsPCでなら簡単にダウンロードできそうですね!

 

他にもWordやExcelの2013バージョンが使える Office Pro Plus 2013などもあるので、会社のバージョンと合わせないといけない…なんて方にもおすすめですよ。

 

Windows 8 Enterprise

www.microsoft.com

 

 

Windows 8.1 Enterprise

www.microsoft.com

 

 

Windows 10 Enterprise

www.microsoft.com

 

Office 365 Pro Plus

www.microsoft.com

 

 Office Pro Plus 2013

www.microsoft.com

 

Visio Professional 2016

www.microsoft.com

 

Project Professional 2016

www.microsoft.com

 

SPONSER LINK

 

 

無料でOfficeを使うとっておきの方法

 

nogunori.hatenablog.com

 

最後に、無料でOfficeを使うとっておきの方法もご紹介します。↑の過去記事でも紹介したんですが、その方法はズバリ、

 

 

 

マイクロソフトストアでOfficeソフトを買うこと!!

 

 

 

…いやいや、無料じゃないじゃん。って思ったあなた。甘いですよ!

 

 

www.microsoftstore.com

 

 

マイクロソフトストアの公式ページを見てみてください。一番下のほう。

 

 

f:id:rough-maker-an9:20160407194417p:plain

 

 

ココ!!!

そうなんです。30日間返品が無料なんですよ。

 

これは、OfficeやWindowsだけじゃなくてSurfaceやマウス、キーボードも対象です。

 

だから、30日間Wordを使ってみて、やっぱりイーラネってなったら返品することができるんですよ。

 

返送料が無料で、全額返金されるので実質無料!

 

いったんカードの引き落してマイナスになってしまう場合もありますが、翌月にはちゃんと返金されますのでご安心を。

 

ただし、この返品のサービスを使って30日使って30日返品、を延々と繰り返せば永久的に無料でOfficeを使えることになりますが、

 

いちいち電話して、アンインストールして、もう一回購入手続きしてインストールして…と、手間がかかりすぎるのでおすすめはしません。

 

もしかしたらマイクロソフトストアから購入禁止になってしまうかもしれませんしね。悪用は厳禁!

 

 

 

ということで、無料でOfficeやWindowsを使う方法をご紹介しました。登録とインストールは自己責任で行ってくださいね。

それでは!

 

関連記事

【Windows10】HomeからProへアップグレードする方法と値段まとめ - のぐのりの日記

 

【保存版】知らなければ6万円損をする!?Office2013と2016の互換性まとめ - のぐのりの日記