読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日を。ベタベタデイズがお送りします。

【Windows10】HomeからProへアップグレードする方法と値段まとめ

マイクロソフト マイクロソフト-Windows10

f:id:rough-maker-an9:20160313230153j:plain

Windows10 Proにはもうアップデートしましたか?

 

 

2015年7月に、Windows7とWindows8.1(Windows8は除く)使用者を対象にして、Windows10への無料アップグレードが公開されました。

 

今回は、Windows10の個人向けのエディションであるHomeProの違いと、アップグレード方法を調べてみました。

 

目次

 

HomeとProエディションの相違点

現在日本では、一部のWindowsPhoneに搭載しているWindows10 Mobileを除いて、Windows10HomeとProが個人向けのPCやタブレットに搭載されています。

 

無償アップグレードした場合には、Windows7の場合なら

Windows 7 Starter、Windows 7 Home Premium→Windows10 Home

Windows 7 Professional、Windows 7 Ultimate→Windows10 Pro

このようにアップグレードされます。

 

Windows8.1の場合には、

Windows8.1(無印)→Windows10 Home

Windows8.1 Pro→Windows10 Pro

こうなります。わかりやすいですね!

 

BitLockerやドメイン参加、リモートデスクトップはProの機能

HomeとProでは、個人向けの機能では全く違いはありません。

 

影響されるのは主にビジネス用途でWindows10を使用している人。

 

f:id:rough-maker-an9:20160313222851p:plain

Windows 10 のエディションの比較 - マイクロソフト

 

このページからすべての機能が確認できます。特に使用している人が多いのは、BitLockerドメイン参加だと思います。

 

こうした機能は、Windows10 Proにアップグレードすれば使えるようになるので、仕事に必要な方はぜひアップグレード方法をここで学んでいってくださいね。

 

アップグレード方法

 

画面遷移付きのアップグレード方法が、マイクロソフト公式のSwayというサービスで公開されています。

これがまたすんごい使いづらくてダサいんだけど。

 

Windows 10 Home から Windows 10 Pro にアップグ レードする方法

 

1.スタートメニューから、[設定] をクリックします。
2.[更新とセキュリティ] をクリックします。
3.[ライセンス認証] 、[ストアに移動] と順にクリックします。
4.起動したストア アプリ画面内の、金額が書かれているボタンをクリックしま
す。
5.Microsoft アカウントのパスワードを入力し [サインイン] をクリックしま
す。
6.支払方法を選択し、その後表示される画面で必要な情報を入力します。
7.以下のような購入確認画面が表示されたら、内容に問題がないことを確認
し、[確認] をクリックします。
8.[アップグレードを開始してください] をクリックします。
9.すべてのファイルを保存したことを確認し、[はい、アップグレードを開始し
ます] をクリックします。
10.処理が開始されますので、しばらくお待ちください。
11.処理が完了しサインイン画面が表示されたら、パスワードを入力しサインイ
ンします。
12.[エディションのアップグレードが完了しました] が表示されたら、[閉じる]
をクリックします。
 これで Windows 10 Pro へのアップグレードは完了です。


※スタートメニューから [設定] 、 [更新とセキュリティ]、[ライセンス認証] と
順にクリックし、開いた画面に表示されるエディションの項目で、 Windows
10 Pro にアップグレードされたことを確認することができます。

 

説明文だけを引用するとこんな感じ。要約すれば、「スタートボタンの設定から専用のページに飛んで、そのページからカードで支払えばOK。」 

 

アップグレードにかかる価格

アップグレードに必要な費用は、この記事の執筆時点で13,824円でした。(2016年3月13日) 

 

Windows10 Proを新規に購入しようとすると27,864円かかるので、約半額ですね。

 

なお、Windows10の無償配布は、2016年7月までとアナウンスされているので、もしかしたらその時期を境に値段が上下するかもしれません。早めにアップグレードしておくのがいいかも。

 

 

領収書を印刷する方法

ビジネス用途でPCを使っている人なら避けて通れないのが、アップグレード費用を経費にする方法だと思います。

 

奇妙な手順を用いるせいで、領収書を手に入れる方法がわかりづらいんですよね。

 

今回はマイクロソフトアカウントの購入履歴から、領収書を印刷する方法を見つけたので共有してみます。

 

https://commerce.microsoft.com/PaymentHub/Transaction?lang=ja-jp

 

↑このページURLをクリックして、Windows10 Proを買った時のマイクロソフトアカウントでサインインすれば、こんな画面が表示されます。

 

f:id:rough-maker-an9:20160313225022p:plain

 

ここのページでWindows10 Proを購入した日付で、左上のプルダウンから絞り込んで、

 

右にある「印刷用表示」をクリックすればOK。

 

f:id:rough-maker-an9:20160313225229p:plain

 

ずいぶん簡易的ですが、画像のような印刷用ページが表示されるので、これを領収書として提出する手順になります。

 

もしこの印刷用ページでは経費として申請できないようなら、マイクロソフトの課金窓口に直接問い合わせるのがおすすめ。

 

https://partner.support.services.microsoft.com/ja-jp/contact/menu/

 

↑のページの「アカウントと請求」、「アカウントと請求」とクリックしていけば電話番号が表示されてチャットで相談もできるようです。

 

さいごに

 

ということで、今回はWindows10のエディションアップグレードについての記事でした。

 

必要としている人は少ないかもしれませんが、エディションアップグレードのやり方に困って私の所に相談に来る人は少なくないので、

 

そうした方々のお役に立てれば嬉しいです。

 

  

最初からWindows10 Proのパッケージ版を買っておけば困らないんじゃないか、っていう人のためにAmazonの商品ページを紹介して、本日はここまでです。

 

ではでは〜!