読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日を。ベタベタデイズがお送りします。

マイクロソフトストアの支払方法が日本人向けになっていない件

マイクロソフト

f:id:rough-maker-an9:20160318153437j:plain

 

まだマイクロソフト直営のオンラインストアを使ったことないんですか?

 

 

 

nogunori.hatenablog.com


↑の以前の記事でも紹介した、マイクロソフト直営のマイクロソフトストアが、日本でもオンラインサイトを展開しています。

 

今回はそんなマイクロソフトストアについて、支払方法をメインに紹介しようと思います。

 

目次

 

クレジットカード払いのみ。分割も不可

f:id:rough-maker-an9:20160318154649j:plain

 

まずは一番気になる支払方法について。マイクロソフトストアでの支払方法は、クレジットカード払いのみとされています。サイト上で分割を指定することも不可。

 

クレジットカード会社の、あとから分割やあとからリボサービスを利用することになります。不便です。

 

SurfaceBookなら最低20万円からの値段設定なのに、一括払いしか対応していないのは痛いですよねー。

 

Appleなら公式サイト上から0%金利のローンを申し込めますが、マイクロソフトにも見習ってほしいですよね。

 

Surfaceのハイエンドモデルへの手の出しやすさが格段に変わるだろうに…。

 

銀行振込や代引きは非対応

ということは、銀行振り込みや代引きでの支払いにも非対応となっているということですね。

 

外資系の企業だから仕方ない部分もありますが、まだまだ現金払いを好む傾向の強い日本人向けのオンラインストアで、代引きや銀行振り込みができないのは残念すぎる。

 

銀行口座を1つ用意しておけば銀行振り込みで買い物することもできるだろうに…大企業ならではの、そうできない理由があるんでしょうか。

 

Microsoft Store 実店舗は存在せず

 

そして、マイクロソフトストアの実店舗は日本国内に存在していません。

 

米国には、アップルストアの向かいに実店舗があって、ショールーム的な立ち位置だと、以前堀江貴文さんが言っていましたね。

 

www.itmedia.co.jp

 

堀江さんのマイクロソフトストアがダサいっていう意見には私も同意です。

 

写真で見る限り、完全にAppleのスマートさに劣っていますし、オンラインストアは言わずもがな。

 

米国のサイトを機械翻訳しただけの意味の通じない日本語ばかりですし、国ごとに提供しているサービスが少しずつ違っているので、

 

日本語版のサイトに表記されているものが実は日本でまだサービス展開していないものだったり…。WindowsPhoneがその代表ですね。

 

SPONSER LINK

 

 

送料無料。発送には1~3営業日

f:id:rough-maker-an9:20160318155132j:plain

 

しかし、そんな不便でダサいマイクロソフトストアにもそれなりのメリットがあるんです。

 

その一つは、少額からでも送料無料で発送してくれること。Surfaceペン1本やWindows10のUSB版1本だけでも送料無料です。

 

これは余分なコストがかからず、ありがたいですね。

…もちろん大手の通販サイトなら送料無料は当たり前ですけどね。

 

発送もそれほど遅くはないです。1~3営業日でお届けと記載されているので、土日を除けば数日で手元に届きます。

 

佐川急便で届くようですが、これは個人的にはマイナスかな。

 

ヤマト運輸やゆうパックのほうが配送が丁寧なイメージがありますね。

 

無料で相談できるチャットサービス

f:id:rough-maker-an9:20160318153703p:plain

引用:http://www.microsoftstore.com/store/msjp/html/pbPage.supportandpoint/ThemeID.30483000

 

また、マイクロソフトストアでは無料のチャットサービスで、購入する製品について相談することができます。

 

HPを開くと自動的にポップアップで出てくる画面のボタンをクリックして、チャットを始めることができます。

 

購入後のOfficeの使い方がわからない場合なんかにも、適切な窓口に誘導してくれますよ。けっこう親切。

 

チャット履歴を印刷したり、メールに送ったりすることもできるので使えるサービスですね。

 

後述する商品の返品や、領収書の発行もチャットで受付しているようです。無料なので一度クリックして「こんにちは」って挨拶してみては?

 

Tポイントやマイルが貯まる

f:id:rough-maker-an9:20160318155306p:plain

 引用:http://www.microsoftstore.com/store/msjp/html/pbPage.supportandpoint/ThemeID.30483000

 

ポイントサイトを経由すれば、マイクロソフトストアで各種ポイントがたまります。

 

www.microsoftstore.com

 

Tポイントやマイル、永久不滅ポイントなどのポイントサービスを利用できますね。

 

それほど還元率は高くないですが、時々期間限定でポイントアップキャンペーンが開催されています。

 

以前はTポイントが200円につき7ポイントのキャンペーンがあったかな?

 

SurfaceやOfficeなら10,000円単位での買い物になるので、ポイントがたくさん付くとうれしいですよね。

 

30日間返金と返品が可能

 

そして一番のメリットは何といってもこれ。30日以内にサポートに連絡すれば、全額返金と返品が可能なんです!

 

・返品される製品は、適切に取り扱われてきたものであること (摩耗や損傷がなく、再度販売が可能な状態にあること)。

・パッケージ箱で販売されたソフトウェアやビデオ ゲームは、未開封の状態であること。

・サービスの場合は、未提供または未使用であること。

・ESD 製品の場合は、契約解除の条件として、電子文書形式の Letter of Destruction (ソフトウェア破棄証明通知) への署名が必要となる場合があります。

引用:http://www.microsoftstore.com/store/msjp/ja_JP/DisplayHelpReturnsRefundsPage/

 

 

とありますが、SurfaceやOfficeやWindowsに限って言えば、こうした条件には引っかからずに返品できるでしょう。

 

これを使えばSurfaceを一時的に手元で使いまくることができますね!

 

仕事用のソフトもインストールして、30日間思いっきりSurfaceを使い倒してみて、どうもイメージと違う…と感じたら返品して別のメーカーのパソコンを買うこともできます。

 

ただ、「再度販売が可能な状態にあること」とされているので、例えばSurfaceを落として破損させてしまったから返品したい、というのは断られるかもしれません。当然ですけどね。

 

ダウンロード版のOfficeやWindowsなら、そのソフトをちゃんとアンインストールしましたよって連絡すれば、返品がきくようです。

 

自分のパソコンに入っていないPowerPointやAccessを一回買って使用してみて、気に入ったらそのまま使う、

必要なさそうだなって思ったら30日以内にチャットか電話して返品、ということができるんですよね。

 

こんなことができるのは世界中探してもマイクロソフトストアだけかも!

 

 

ということで、今回は開封後でも30日返品&返金ができるマイクロソフトストアをご紹介しました。

 

みなさんも仕事でOfficeやWindowsが必要になった時、CMで話題のSurfaceを試してみたい時、

マイクロソフトストアでの購入を検討してみては?

 

 関連記事

【保存版】知らなければ6万円損をする!?Office2013と2016の互換性まとめ - のぐのりの日記

【Windows10】HomeからProへアップグレードする方法と値段まとめ - のぐのりの日記

【無料】Microsoft OfficeとWindowsの試用版まとめ - のぐのりの日記