BBD

「昨日の自分に教えたいこと」がテーマのブログです

なんだかんだで600日以上続けた『毎日ブログ更新』なぜサボらなかったのか考察

f:id:rough-maker-an9:20190411114619j:plain

これまでに1つのことを長続きさせた経験がほとんどない私ですが、唯一このブログを更新するという作業は、2年前から毎日続けられております。

はてなブログの記録をチェックしてみると、もう600日オーバーになるっぽい。これまで2年近く休まず毎日更新できた理由について書いておこうと思います。

すべては「習慣化」のおかげ

結論から述べると、私が毎日ブログを更新することができたのは、ひとえに「習慣化」のおかげだと思っています。私の場合は、

  • 午前中にブログを書いて、その日の昼12時に投稿予約しておく。

ってのが習慣になっており、「今日はブログ書こうかな?明日にしようかな?」なんて考える必要がないことが、毎日ストレスなく更新できている理由だと信じています。

習慣化に成功する前は、やはりブログを書くことが非常にしんどい作業でした。最初は「今日は気分が乗らないからブログはサボろうかな」と思ったことが何度あったことか。

しかし毎日ブログを更新する記録が伸びるにつれて、「この記録を途絶えさせたくない!」って気持ちが働きますし、だんだんと更新すること自体も大変ではなくなります。

毎日書く内容は違えど、「文章を書いてブログにアップする」という作業内容は同じなので、日々同じことを繰り返すことでだんだんと歯磨きをするように習慣化できたというわけですね。

ライターの仕事も好影響

また、私はフリーライターとして仕事を請け負っている人間でもあるので、ブログ以外にも毎日文章を書く機会が多くあります。ときには1日で2万字以上の原稿を書き上げることも。

そんな経験をしていると、「たかがブログを書くぐらい、なんともないさ」という気分にもなってきます。本業のライター仕事と、趣味のブログ執筆、両方がいい影響を与えあって成果を残しているというわけです。

私の仕事が、もし接客のアルバイトとか工場内作業だったりしたら、600日毎日ブログを更新するって記録は達成できなかったのかもしれません。まあフリーライターと言っても、ランサーズとかクラウドワークスメインで活動するWEBライターなんですけども。

毎日更新した人にアドバイスするなら

「毎日ブログを更新したいんですけど、できなくて困っています」って人に今からアドバイスするとしたら、「まずは100文字だけでもいいから1週間毎日書いてみよう」とアドバイスすると思います。

たとえわずかな文字数であっても、「1週間毎日ブログを更新できた!」って成功体験がもとになって、更新を毎日続ける難易度が低くなるんじゃないかと。

「ブログに書く内容が思いつかない」って場合には、「友達に教えてあげたいことはないか?」って視点を持つといいかも。ブログが書けなくなってしまう原因の一端は、「誰かに伝えたい内容がない」ことにあると思っています。

なので、まずは「友達に伝えたいことはないか?」を考えることで、自然とブログを書くモチベーションが上がってくるかもしれません。お試しくださいませー。