Better Better Days

テーマは「昨日の自分に教えたいこと」

家のソープ類・洗剤類を固形石けんに置き換える生活を布教したい

f:id:rough-maker-an9:20181226070810j:plain

過去の記事で書いた通り、私はここ数ヶ月ほど家中のソープ類・洗剤類を石けんに置き換える暮らしを実践中です。

「ボディソープを使わないと洗った気がしない」なんて思う人は多いでしょうけど、抵抗がない人はぜひ試してもらえると、シンプルでストレスの少ない暮らしが手に入るだろうと思っています。

SPONSOR LINK

7つの洗剤を2つの石けんにまとめる

nogunori.hatenablog.com

一人暮らし男性、賃貸のワンルームアパートに住む私の部屋には、2つ例外を除いてソープ類・洗剤類をまったく置いていません。

  1. シャンプー
  2. リンス
  3. ボディソープ
  4. ハンドソープ
  5. 食器用洗剤
  6. 洗濯用洗剤
  7. 柔軟剤

これらの製品を断捨離し、自宅には置かない生活を送っています。とはいえ野生人みたいな生活をしているわけではなくって、これらを全部石けんで置き換えているところです。

固形石けんを使って髪を含めた体全体を洗うことで、ソープ類を1つにまとめる。

食器洗いにも固形石けんを使い、洗濯は粉石けん+クエン酸の粉末を使うことで洗剤類を家の中から排除しているわけです。なお、洗濯のために洗濯機は使わず、手洗いをしております。

ただ2つの例外というのが、クイックルワイパーのフローリングシートと、トイレ掃除に用いる使い捨てブラシです。フローリングシートの方は、使い切ったら雑巾的なものに置き換える予定。トイレブラシはもうちょっとお世話になるかも。

抵抗がない人にはぜひおすすめ

私はこの生活を気に入っているんですが、多くの人にとっては体全体を固形石鹸で洗うことに抵抗があるだろうし、粉石けんを使って洗濯物を手洗いすることもやりたいってなることは少ないはず。

でも、日用品に頓着がなくって「なんでもいいや」って考えるタイプの人とか、ミニマリストを極めたいって考えている人は、ぜひ試してみてもらいたいな〜と思うところです。

7つのソープ・洗剤を固形石けん・粉石けんの2つに置き換えるわけですから、風呂場を中心に家の中のものがグンと減るし、買い物の手間やコストも少なくなります。

お金がかからずシンプルな生活を目指せるわけですので、この素晴らしさを布教したいな〜って考えているところ。

日用品コストをカットし、シンプルな暮らし

私の場合で1ヶ月あたりに使うのは、

  • 固形石けん3個入り
  • 粉石けん1kg

この量です。固形石けんも粉石けんも、「シャボン玉石けん」の純植物性原料のものを使用中。かかるコストは、

  • 固形石けん:350円以下
  • 粉石けん:650円以下

というイメージ。Amazonの値段をもとにしているので変動があるかもしれませんが、概ね1ヶ月あたり1,000円のソープ・洗剤代で収まることになります。

これに加えてクエン酸・ティッシュ・トイレットペーパーを買って、トータルの日用品代も月2,000円に収まるレベル。

シャンプーや食器用洗剤を選ぶ時に「どれがいいかな〜」なんて選ぶ必要もなくなりますんで、お金と時間のコストカットにつながっています。まあ、そうやって商品を選ぶ瞬間が楽しかったりもするんですけどね。

あとは部屋に置くものの数が減って掃除がしやすいし、余計な収納グッズも不要。一度慣れてしまうと、合成洗剤を大量に使う暮らしには戻れなくなっちゃいますね〜。

まとめ

以上、家のソープ類・洗剤類を固形石けんに置き換える生活を布教したいって記事を書いてきました。

石けんしか使わない生活があまりにも快適だったもので、「これは布教しなければ!」なんて考えたりしています。

もちろん人に強制することはありませんが、ミニマリストな人とかはぜひ真似してもらえればな〜と思います。