Better Better Days

テーマは「昨日の自分に教えたいこと」

冬の朝起きたらいつも頭痛が→睡眠中のエアコンを消したら改善したぞ

f:id:rough-maker-an9:20181216113345j:plain

いつも同室で寝ている同居人が、「朝起きると頭痛がする」と申しておりまして、なんでかな〜と思っていたことがありました。

もしかしたらエアコンのせいかも?ってことでエアコンをオフにして寝てみると、「頭痛が治った!」と言うもんですから、どうやらエアコンをつけっぱなしで寝ると頭痛の原因になるかもしれないってことをメモしておきます。

SPONSOR LINK

TL;DR

エアコンをつけっぱなしで夜寝ると、乾燥のせいか頭痛が起こるので、オフにして寝るか加湿器を併用したい。

毎朝の頭痛は、乾燥と脱水症状が原因だったのかも?

私は感じたことがないんですが、同じ部屋で寝ている同居人によると、「朝起きると頭痛がする」とのこと。何が原因なのかよくわからず困ったな〜って感じでおりました。

ところがある日、エアコンを消して夜寝るようにすると、翌朝「今日は頭痛がしない!」とおっしゃるわけです。ってことは、エアコンをつけたまま寝ることで頭痛が起きている…ってことなのかもしれません。

その原因を考えてみると、もしかしたらエアコンで暖房を入れていることによって部屋が乾燥し、睡眠中の体から水分が奪われることで、軽い脱水症状を起こして頭痛を招いているのかも…と思い当たりました。

確かにエアコンをつけっぱなしで寝た次の日の朝は、湿度が20〜30%くらいに下がっていて、喉がガラガラしたり鼻がカピカピしていることがよくありましたから。

エアコンを消すか、加湿器を併用するのがベター

乾燥による脱水症状が原因ってことであれば、取りうる手段は2つ。

1つは、エアコンを消すなり加湿器を稼働させておくなりして、部屋の乾燥を防ぐって方法です。こうすれば睡眠中の水分が奪われにくくなり、かつウイルスなんかも活発でなくなって風邪を引きにくくなるでしょう。

もう1つの方法は、夜寝る前に朝起きた直後と、たくさん水分をとっておくこと。体内の水分量が多ければ、脱水症状を起こしづらくなって頭痛を防げるはずです。

あまりに夜が寒いと、エアコンを決して寝るのは現実的ではなくなるでしょうから、加湿器を併用しつつ、水やお茶ををたくさん飲むってのが最適解になるんじゃないでしょうか。

冬、朝起きたら頭が痛い時は試すべし

というわけで、「冬の朝に頭痛がひどい」って方は、エアコンなどの暖房器具によって室内が乾燥し、脱水症状を起こしたことで頭痛が現れているんじゃないかと疑ってみるとよろしいんじゃないかと。

そうすれば朝起きてすぐに頭痛薬を飲むとか、体調不良のまま仕事に行くなんてことも防げるでしょうから。

心当たりがある方は、ぜひお試しください〜。

まとめ

以上、冬の朝起きたらいつも頭痛がしていたけど、睡眠中のエアコンを消したら改善したぞって話を書いてきました。

夏の間に起きる「冷房病」ってのは聞いたことがありましたけど、人によっては暖房でも体調不良を起こしてしまう可能性があるってことなのでしょう。

できるだけエアコンのような器具には頼らず、重ね着とかホットドリンクとか運動とかで体を温めたいものですね。