Better Better Days

テーマは「昨日の自分に教えたいこと」。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

シャンプーもボディソープも使わず、石鹸だけで過ごして半年。いいぞコレ

f:id:rough-maker-an9:20181012085936j:plain

「ボディソープで肌から油分を奪って、ボディクリームで油分を付け加えるなんて、とんだマッチポンプじゃないか」って考え方に出会って以来、私は風呂場での薬品類の使い方を見直すようになりました。

結果、現在はシャンプーもボディソープも使うのをやめて、全身石鹸で洗う習慣になりまして。慣れてしまえばすごく便利だぞって話を書いていきます。

SPONSOR LINK

1.一年前からボディソープを卒業

引っ越しのタイミングだったと思うんですが、私は1年ほど前からボディソープを使うのをやめておりました。

「風呂場にものを増やしたくないから」「お金がかかるし、詰め替えもめんどうだから」っていう理由もありましたが、一番の理由は「時短になるんじゃね?」というもの。

毎日しっかりシャワーを浴びていれば、わざわざボディソープなんて使わなくても汚れは落ちるし、むしろ使わない方が肌の油分を過剰に落とさなくてすむようになる。

そう考えて、まったくボディソープを使わなくなったのであります。

2.半年前からシャンプー・リンスも卒業

さらに、半年前からはシャンプー・リンスも使うのをやめてしまいました。これは、ボディソープの代わりに洗顔用として使っていた石鹸で髪を洗ってみると、意外と悪くないってことに気づいたからです。

もちろん、リンスを使わないので洗い上がりは少しギシギシするような感覚はあるものの、この状態に慣れると、むしろリンスを使った後の仕上がりがヌルヌルしていて気持ち悪いと感じるようになったり。

シャンプーのいい香りはしないかもしれませんが、特段ニオイも気にならないレベルだったんで、今もシャンプーがわりに石鹸を使う生活を続けております。

3.「石鹸で全身洗う」は想像以上にいいぞ

つまり、現在私は「石鹸で全身を洗う」方式をとっているってわけですね。汚れが詰まってニキビが増えるかもと考えましたがそんなことはなく。

むしろ乾燥する時期の肌のかゆみが低減できたように感じています。肌本来の油分が失われず、残っているからかもしれませんね。

ついでに、風呂場に置くべきものもめちゃくちゃ減りまして、今ではひげそりくらいしか常備しておりません。石鹸は手洗い用に台所に置き、入浴するときだけ石鹸を風呂場に持ち込むスタイル。

シャンプーやボディソープを買うコストも手間も省けて、変な薬品を使わず肌にやさしいものだけを使っている感覚もあって大満足。

特に女性なんかは、このやり方はなかなか真似できないことだと思いますが、男性なら試してみてもいいんじゃないかな〜と思います。便利ですよ〜。

まとめ

以上、ボディソープもシャンプーも使わずに半年過ごしている私が、毎日石鹸だけで全身洗うスタイルをとっているよって話を書いてきました。現在は食器洗い用の洗剤も石鹸に置き換えられないか実験中。

ちなみに私が愛用しているのは、牛乳石鹸の赤箱であります。私は少し乾燥肌なところがあるんで、青箱より赤箱のほうが相性がいいみたい。

ものが減ってお金や手間もかからず、かつ肌にやさしい。そんな石鹸だけの暮らしもお試しください〜。