Better Better Days

テーマは「昨日の自分に教えたいこと」。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

Looopでんきに乗り換えて電気代20%減!電力使用量グラフを見るのも楽しくて節電がはかどる

f:id:rough-maker-an9:20180822110313j:plain

新しいアパートへの引越しを機に、電力会社の乗り換えを試してみました。本来は東京電力での契約でしたが、「電気代が安い」とウワサの「Looopでんき」ってところで再契約することに。

そうしたら電気代が安くなっただけでなく、1時間ごとの「電力使用量グラフ」を見られるようになり、節電がはかどるぞーと思った話です。

SPONSOR LINK

Looopでんきに乗り換えてみた

今年5月に引っ越してから、「電力自由化」に興味を持ちました。というのも新居のアパートの電力メーターが、古いものではなくスマートメーター(デジタルのやつ)になっていたからであります。

前の住人さんが電力会社を切り替えたことがあるのか、管理会社が付け替えたのかは不明。だけど取り替えの手間なく電力会社の切り替えができるってことなので、せっかくなら切り替えてみよう、と。

あちこちのサイトを巡って調べて見ると、電力会社の乗り換え先として人気なのは「Looopでんき」なる会社らしいことが判明。従来の基本料金 + 従量課金という料金プランではなく、すべて従量課金制になっているのが特徴ですね。

「安くなった!」って口コミが多いみたいですし、たとえ気にいらならなくても1年や2年の縛りなしで解約できるため、お試し感覚で乗り換えてみることにしました。

5%〜20%節約できたぞ!

looop-denki.com

まだ乗り換えて1週間くらいなんでLooopでんきからの請求書は来ていないんですが、参考までにこれまでの電力使用量をもとにどのくらい安くなるのか、計算してみることにしました。

  • 8月/320kWh:8,766円→8,320円 5%節約!
  • 7月/142kWh:3,869円→3,692円 5%節約!
  • 6月/40kWh:1,305円→1,040円 20%節約!

箇条書きにするとこんな感じ。6月は計測日数が少ないのでかなり安くなっています。7〜8月は猛暑のせいでエアコンがフル稼働しており、その結果かなり使用量が多いデータです。

んで、検針票をもとに電力使用量と料金を左側に、その電力使用量にLooopでんきの単価26円/kWhをかけたものが右側になっています。

looop-denki.com

いざ計算してみると、毎月200〜300円くらいは安くなることが判明。特に使用量が少ないほど基本料金なしの恩恵を受けられるため、6月の料金を比較すると20%も安くなることがわかりました。

私は1日中家にいることが多く、それにともなって冷暖房を使うことが多くなるんであんまり節約額は多くないかも。

「家に帰って寝るだけ」みたいな会社勤めの一人暮らしの方なら、割合にして20%くらい節約できるかもしれません。基本料金なしってのは恐ろしいですね〜。

「電力使用量グラフ」を見るのが楽しくて節電がはかどる

さらにLooopでんきのいいところとして、1時間ごとの電力使用量グラフをチェックできることにあります。とはいっても、スマートメーターが設置してあれば東京電力でもほかの電力会社でも、電力使用量のグラフは見ることができるんですけどね。

どんなグラフが見れるかっていうと、こんな感じ。

f:id:rough-maker-an9:20180822110546j:plain

何日の何時頃の時間帯に電気を多く利用しているのかをチェックできたり、

f:id:rough-maker-an9:20180822110554j:plain

それによって電気料金がいくらになるのかを視覚的に確認できるわけです。「レコーディングダイエット」じゃないですが、記録が見られるってのは節電のモチベーションになるものです。

この電力使用量グラフを見るためだけに、スマートメーターへの切り替えや電力会社の乗り換えを検討してもいいでしょうね〜。

まとめ

以上、Looopでんきに乗り換えたら、電気代が節約できるだけでなく電力使用量グラフで節電のモチベーションも高まったぞ!という話を書いてきました。

私の場合最大で20%の電気代節約ができた計算になるんで、単に電力会社を切り替えるだけでここまで固定費の削減ができるのはうれしいところ。

電力会社の切り替えを検討している方は、お早めにどうぞ〜。