Better Better Days

テーマは「昨日の自分に教えたいこと」。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

Mac×Androidのニッチなニーズに応える「AmazonベーシックUSB-Cケーブル」は正直微妙

f:id:rough-maker-an9:20180701113345j:plain

世の中にはさまざまな充電ケーブルが売られていますが、USB-Cタイプのケーブルはまだまだ種類が少ないのが現状です。USB-C to MicroUSBのケーブルはとりわけ少なく、さらにホワイト色を選ぼうとすると数はごく少数に限られます。

そんな中でもAmazonベーシックのUSB-Cケーブルは、Amazonブランドで安心できそうなケーブルだと思って購入したんですが、使い勝手はあんまりよくなかったよって話です。

SPONSOR LINK

1.MacとAndroidを変換アダプタなしでつなげるホワイト色ケーブルがほしい

私は充電ケーブルを選ぶとき、

  • 信頼できるブランドか
  • 色は端末とマッチしているか

というのを重視する人間でして、たとえばコンビニやスーパーで売られているようなどこのメーカーがつくっているかもわからない充電ケーブルは、絶対に使わないようにしています。iPhoneやMacに直接挿すものだからこそ、端末にダメージを与えず安心して使えるものを選びたいからです。

仕組みはよくわかっていないけど、56kΩ(56kレジスタ)の記載があるUSB-C周辺機器を選んだりとかね。

一番信頼しているのは純正品。特にiPhoneやMacに付属している充電器とケーブルを使えば、まず間違いはないだろうと考えています。Lightning端子はもちろん、USB-C端子も極力Apple販売のものを使うようにしているのであります。

加えて、普段使うケーブルではできるだけホワイト色のものを選ぶようにしています。というのは、Appleのケーブルがすべてホワイトだから。Appleの色に合わせてすべてホワイトでケーブルの色を買い揃え、統一感が出るようにしているわけです。

んで、MacとiPhoneに加え、MicroUSB端子を使うKindle端末やBluetoothイヤホン、Androidスマホなんかを使っている私としては、できればUSB-C to MicroUSBで充電やデータの送受信を行ないたいって希望があります。

USB-A端子をUSB-C端子に変換するアダプタとか、MicroUSB端子をUSB-C端子に変換するアダプタなんかは数多く売られていますが、見た目や安全性、モノを増やさないって観点からも、できればアダプタは使用したくない。

USB-Cと、MicroUSBをアダプタなしで接続できるようなケーブルを、ホワイト色限定で探していたのであります。

2.AmazonベーシックのUSB-Cは微妙

そこで見つけたのが、こちらのAmazonベーシックが出しているケーブルです。探してみると、USB-C端子とMicroUSB端子をつなげるケーブルってほどんど出回っていなくて、USB-A端子とMicroUSB端子をつなげるものが大半でした。

そのなかにあってAmazonベーシックのケーブルは、USB-CとMicroUSBを直接つなぐことができ、さらにホワイト色を選ぶことも可能。まさに私のニッチすぎるニーズにあった最適な商品なのでありました。

ということで早速購入し、使ってみることに。ついでにUSB-C to USB-Cケーブルも1本買ってみます。

片方をKindleに挿して、もう片方をMacに挿して…というタイミングで、なんだか違和感が。なんとなくUSB-C端子の挿し込みが気持ち悪いというか、うまく挿せない感触があったのです。音で表現するなら「ガリッ」と挿さる感じでしょうか。

Mac付属のUSB-Cケーブルは、「スッ」「カチッ」って挿さる感じなんですよ。対してAmazonベーシックのUSB-Cは、まるで無理やり挿し込んでいるようなイヤな音と感触。「安いからこんなものかなあ」と思ったものでした。

次に、Mac用の87W電源アダプタに片方を挿して、片方をKindleに挿してみることに。Macの電源アダプタでKindleを充電してみようってことですね。ところがこちらも違和感があり、電源アダプタのUSB-C端子に最後まで挿し込めないって現象が発生。

Apple製品とは相性が悪いのか、それともUSB-C端子の作り込みが甘いのか。いずれにしろなんだか使うのが気持ち悪くなってきたので、買って1日で処分することにしました。もったいない…。

3.私が現在使っているUSB-C関連のケーブル

1日で捨てることになったAmazonベーシックの代わりとして、私はRAVPower製のケーブルを買って統一することにしました。USB-A to MicroUSBケーブルの3本セットと、USB-C to USB-Cケーブルの2本セットを1つずつ購入。

個人的にはRAVPowerは信頼できるメーカーだと思っていますし、なによりホワイト色のケーブルを出しているのが魅力。なんでこんなに少ないんだって思うくらい、ホワイト色のケーブルって出回ってないですからね。

こちらは挿し込みに違和感を感じませんし、Mac用の電源アダプタにもしっかり挿さりました。あくまでもメインはApple純正のケーブルを使うのを心がけていきますが、予備としてRAVPower製のUSB-Cケーブルを備えておくことに決めました。

ホワイト色のUSB-CケーブルやMicroUSBケーブルを探しているなら、RAVPower製を選ぶのがおすすめです。

まとめ

以上、AmazonベーシックのUSB-Cケーブルは、挿し込みに違和感があって微妙だったよって話を書いてきました。Amazonブランドで信頼できると思っていたんですが、なんだか端子にダメージを与えていそうな挿し心地だったので、ちょっと残念。

ホワイトで統一したいMacやiPhone周りのケーブル探しに役立ててもらえれば幸いです。