Better Better Days

テーマは「昨日の自分に教えたいこと」。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

インドア派でも休日の充実感をアップさせる「模様替え」というチャレンジ

f:id:rough-maker-an9:20180413095841j:plain

休日の充実感を高める方法として、「新しいことに挑戦する」というアドバイスがあります。非日常的な経験をすることで、1日の時間を長く感じ、充実度が向上するわけです。

ですが、インドア派の私のような人間にとって「外の世界に出て楽しもう」ってのは、なかなかハードルが高いもの。ならば「模様替え」という創造的かつやりがいある活動に取り組んでみよう、って話です。

SPONSOR LINK

1.子ども時代時間を長く感じた理由

「子どもの頃のほうが時間を長く感じた」と考えている大人はたくさんいます。大人になったら1日が一瞬で過ぎ去っていくのに、子ども時代は毎日楽しくて仕方なかった…なんて方もいるでしょう。

私もその1人で、大人になってからの時間の流れの速さをひしひしと感じています。まあ、それもそのはずで、時間の流れの速さってのは「新しい経験」があるかどうかで決まる、って説がありますからね。

1日中自宅にこもって、仕事をして家事をしてブログを書いて遊ぶことが続いていたら、似たような経験ばかりで時間の流れは速く感じるのも当然のことでありましょう。

2.1日に新しいことを増やせば充実度が上がる

つまり、1日に新しい体験をすると、時間の流れを遅く感じるはずなのです。思い返してみると、新生活が始まった直後や旅行に行くときなんかは、大人になったあとでも時間の流れを遅く感じたはず。

これも「新しい経験」が1日の充実度を高めてくれた例なのであります。

であれば、なんとなくダラダラすごしがちな休日を、充実した休日へと生まれ変わらせるためには、いつもと違うことをするのがベスト。日々のルーチンを無視して、非日常的な体験をすることによって充実度を高められるのです。

3.インドア派に「外の世界を楽しもう!」なんてアドバイスは無駄

「非日常的な体験」というと、多くは外の世界で得られる体験でしょう。バンジージャンプとか、スカイダイビングとかですかね。

そんな極端でなくとも、いままで言ったことのないお出かけスポットを訪れるとか、公園に行ってみるみたいな経験でも、じゅうぶん非日常的な体験になりそうです。

ただ、私のようなインドア派人間からすると、外出することそのものがハードルが高い活動だったりします。外に出れば楽しい経験ができる可能性が高いのはわかる。でも、人混みは疲れるしお金は減るし、不安障害が発症したらイヤだし…で、ついつい引きこもってしまうものです。

4.「模様替え」は、クリエイティブかつ達成感ある活動

そんな私が編み出した、インドア派でも非日常的な体験をつくり出せる活動が「模様替え」なのであります。片づけと家具の配置換えですね。

模様替えってのは、いまの部屋よりも便利で快適に暮らせるよう、家具を移動させたり片づけしたりすること。特殊な人でない限り、家具の移動ってのは毎日やる活動ではないでしょう。

いつも使っているモノの一番使いやすい位置を考えたり探したりするので、クリエイティブな思考も活発になります。「台所までの動線を確保しつつ、この本棚を見栄えよく置くためにはどこに配置すべきだ?」なんて考えて、創造的になるってことですね。

また、模様替えをした直後ってのは大きな達成感が得られるものです。「きれいに片づけたぞ!」「これで明日から便利になるぞ!」と感じられるので、自宅にいながらやりがいが手に入る活動でもあります。

さすがにバンジージャンプやスカイダイビングには劣るでしょうが、模様替えってのも立派な「新しい経験」になるんじゃないでしょうか。時間を遅く感じることになり、1日の充実度向上にもつながると私は考えています。

5.月に1回模様替えデーをつくってみよう

とはいえ、毎日・毎週のように模様替えをしていると、それはむしろ日常的な活動になってしまいますし、落ち着いて作業することもままならなくなるでしょう。年に1回だと年末の大掃除と変わりませんので、私のおすすめは月に1回模様替えをすることです。

月末や月初の週末に、模様替えデーをつくってみましょう。

そうすれば、月の終わりか初めには、自宅にいながら充実した休日を過ごせる予定が確約されていることになります。1ヶ月間がんばろう、って気になるでしょうし、翌月の模様替えデーが楽しみで毎日がんばれるかもしれません。

まとめ

というわけで、インドア派でも手軽に休日の充実度を高めることができる「模様替え」を紹介しました。

私もここ1年くらいは定期的に部屋の模様替えをしていまして、作業環境を見直したり、自宅での動線を考える機会にしております。模様替えをして家具を動かすと、ホコリもたっぷり出てきて掃除できるんで気持ちいいんですよね。

部屋にモノが多いと、いきなり模様替えってのは厳しいかもしれません。であれば、まずは水回りの汚れやすい場所や、仕事や勉強に使う作業スペースだけでも模様替えにチャレンジしてみるのがおすすめです。