Better Better Days

テーマは「昨日の自分に教えたいこと」。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

「スマホやSNSはストレスになる」は嘘?SNSはストレスと関連性がないという調査結果

f:id:rough-maker-an9:20180403221211j:plain

よく「スマホやSNSを使ってばかりいるとうつになる」といわれます。SNSの利用が不幸に結びついたり、孤独感につながるという話を聞いたことがある人も少なくないはず。

しかし、2015年に発表された1801人の成人を対象にした研究では、「SNSを使っているからといってストレスが強まるわけではない」と判明しています。

SPONSOR LINK

1.SNSを使うほどストレスがたまる?

TwitterやInstagram、FacebookといったSNSを使うことは、ストレス解消になるのでしょうか?あるいは、ストレスが蓄積する原因になるのでしょうか。

私の持論としては、SNSを使うユーザーのほとんどが「幸福な1面だけ」を切り取って出来事を投稿していると思っています。「ランチおいしかった♡」の裏には、もしかしたらランチのために30分も行列に並んだ不幸な出来事があるのかもしれません。

楽しそうな投稿をしながらも、実は職場の人間関係で重い悩みを抱えていたり、親の介護で心身をすり減らしている可能性だってあるでしょう。そんなバックグラウンドは一切無視して私たちは、「ランチおいしかった♡」というツイートやインスタを目にしているんじゃないかと。

極端にいえば、99%不幸な人生な人のなかで、1%の幸福な出来事をSNSにアップし、それを見て「昼からこんなランチを食べられるなんて、お金があってうらやましい」なんて思ってしまうものです。実際には、「インスタ映えする写真をアップしなければ…」と、仕事も趣味も犠牲にしてSNSに没頭している可能性だってあるにもかかわらず。

そんな考え方をしておりますんで、私の中では「SNS=ストレスの原因!」だと思い込んでおりました。SNSを使うのは時間とエネルギーのムダだから、と今ではまったくSNSを利用しておりません。

2.ネットユーザーが必ずしもストレスを感じるわけではない

ところが、アメリカのシンクタンク、ピュー研究所の調査によって、「SNSを使っているからといってストレスが強まるわけではない」という研究結果が発表されています。

これは1801人の成人を対象として調査で、SNSやスマホ、インターネットとストレスとの関連性を調べたもの。その結果は、

Overall, frequent internet and social media users do not have higher levels of stress.
引用:http://www.pewinternet.org/2015/01/15/social-media-and-stress/

訳しますと、

全体として、インターネットやソーシャルメディアを頻繁に使う人たちは、より多くのストレスを感じているわけではなかった。

とのこと。つまり、いくらインターネットやSNSを使っていたとしても、そのことが理由でストレスレベルが高まるわけではないってことですな。

特に女性の場合、Twitterやメールのやりとり、(インスタなどで)写真をアップすることは逆にストレス軽減にもつながっている傾向がみられたんだとか。

SNSの利用はストレスを強めることはないし、むしろ女性の場合はストレス発散になることさえある。これは非常に意外な結果です。

3.ただし、ストレスの多い出来事に触れる場合は例外

しかし、1パターンだけストレスレベルが高まった例がありました。それは、

Awareness of stressful events in others’ lives is a significant contributor to people’s own stress.

訳すと、

他者が経験したストレスを感じる出来事に触れると、私たち自身のストレスレベルを大きく高めてしまう。

ということになりましょう。つまり、SNSにアップされている不幸な出来事を目にすると、私たち自身も不幸になり、ストレスが蓄積するというわけですな。これは特に女性に多く見られたそうで、共感能力が高い女性ならではの傾向のように思えます。

SNSでフォローするのは普通、仲の良い人たちが中心でしょう。そうした人々が不幸な出来事に見舞われたとしたら、私たち自身も悲しい気持ちになってしまう…。なんとなく理解できる話です。

私個人としては、「幸福な出来事に触れた方が嫉妬してストレスになるんじゃないの?」なんて思ってしまいますが、私みたいな考え方をするのは少数派なのでしょう。笑

まとめ

というわけで、スマホやネット、SNSの利用がストレスを高めることはなく、むしろストレスを軽減することもあるよって話と、そうならない例外のケースを紹介してきました。

ここからいえるのは、「SNSやネットは気にせずどんどん使ってOK。だけど不幸な出来事ばかりを投稿するユーザーはブロックしよう」ということでしょうか。あくまでもストレスレベルを抑えるための方針ではありますけども。

SNSとの付き合い方の見直しに、ぜひ参考にしてみてくださいませ。