Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日に。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

休日はゆっくり寝たい?むしろ休日こそ早起きしてやりたいことをたっぷりやろうぜ

f:id:rough-maker-an9:20171110195512j:plain

休日は昼まで寝ていたい…みたいな欲望ってありますよね。

でも私はちょっと違っていて、「休日こそ早起きしたい」と考えるのが習慣になっています。

その理由と、休日に早起きするコツを紹介。

SPONSER LINK

1.休日は昼まで寝てた学生時代

私も、昔は昼まで寝ていた頃がありました。

夜遅くまで飲み会に行って遊んだり、テレビやゲームをして夜更かししたこともありました。

でもある日、「1日の半分を寝て過ごしてしまっていいのか?」と考えるようになったんです。

午前/午後のうち、午前のほぼすべてをダラダラ寝ることに費やしてしまっていいのか…と考えてしまったんですな。

2.でも、休日こそやりたいことをやりたいよね

それからしばらく経って、今では休日も平日も関係なく同じ時間に起きる生活になりました。

というのも、やりたいことは休日にしかやれない!という気持ちになってきたから。

私は現在、一日中家にいて仕事をするスタイルで暮らしています。

そんな在宅フリーランスで働いている身ではあっても、特に平日は仕事で忙しいことがしばしば。

大学時代とは違って、平日にまとまった時間で外出したり、アニメを見たりするのができない生活になったということですな。

だからこそ、仕事の予定がない休日にはたっぷり時間をとって遊びたいと考えるようになったわけであります。

3.休日でも早起きするコツ

しかし、休日に早寝早起きにするのってなかなか難しいもの。

私の身の回りでも、休日は「午前中に起きれただけでえらい!」という人がいたりします。

そこでここからは、本当に早起きしてやりたいことをやる時間を増やしたい人のために、私が試してきた早寝早起きのコツを紹介していきます。

早く入浴し、早く食事し、早く寝る

早寝早起きの基本は、前日の夜早く寝ることであります。

そのために寝る前にやらなきゃいけないことを全部終わらせておく。

つまり、これをやらなきゃ寝れない!というタスクを早めに終わらせることが重要になります。

そうしたタスクを終わらせてから、ベッドに入ってテレビ見たりゲームしたり好きな時間を過ごそうぜというわけです。

そうすれば休みの前日に夜更かしする可能性は少なくなりますし、寝る前の歯磨きも終わっているために体も自然と就寝モードに入っていくはず。

まずはいつもより1時間夕食を早めに食べ、1時間入浴を早めにすませてしまうことがおすすめです。

〆切効果で集中力アップ!Macの「時報」で1時間ごとのログをとろう で書いた方法で1時間ごとのライフログを取ってみた結果、私は夕食の時間が後ろ倒しになるほど就寝時間が遅くなってしまう法則があることが判明。

それ以来、夕食は必ず17時につくり始め、18時には食べ始めることを徹底しております。

これで夜11時には就寝できるようになったので、次は入浴の時間を19時に設定し、さらに早寝できるように工夫しているところです。

朝やることを決めておく

朝起きたらすぐにやるべきタスクを決めておくってのも有効です。

たとえば私の場合、毎日朝9時〆切の仕事を1本、あえて引き受けております。

「起きてから朝9時までに仕事を1つ終わらせなきゃ!」というプレッシャーが働くので、夜早く寝られるようになり、朝は早く起きられるようになるというわけです。

もちろんこれはは万人に使える方法とはいえませんので、たとえば朝起きてすぐに誰かに「おはよう」LINEを送る…みたいな戦略がおすすめ。

あるいは、朝早くログインするとアイテムがもらえる…みたいなソーシャルゲームを始めてみるのもよさそうです。

そういえば、「艦これ」ってゲームは朝5時にデイリーミッションのカウントがリセットされるんで、艦これファンの人がすごく早起きになった…みたいな話を聞いたことがあります。

朝、外へ出てみる

1回だけでいいんで、なんとかがんばって早起きして、人が寝ているときに外を歩いてみるチャレンジをやってみましょう。

朝4時くらいの街に出てみると、なんだか別の世界にいるような感じがして、優越感というかちょっとした感動を覚えるはずです。

たまにはこうして一人の時間を楽しむのもいいなって思えるようになりますよ。

そうした快感をモチベーションに、早寝早起きを習慣にしてみるのもおすすめです。

ちなみに私は、晴れた暖かい日には、早朝に自転車を走らせることがあります。

農家の人が使うような田んぼの真ん中の舗装路を走るんですが、これがすんごく気持ちいいんですな。

人や車の数が少ないんで、周囲に気を使うこともないですし、朝の過ごしやすい気温がサイクリングに最適であります。

まとめ

  • 仕事や学校がない休日こそ、早起きしてたくさん遊ぼう
  • 早寝早起きのカギは、早く寝ることにある
  • 早く寝るために、食事/入浴/歯磨きのようなルーチンを早く終わらせよう

以上、「休日はゆっくり寝たい?むしろ休日こそ早起きしてやりたいことをたっぷりやろうぜ」という記事でした。

休日なんだから好きなように過ごしたい、好きなだけ寝ていたいという気持ちはとってもよくわかります。

しかし、そんな風に寝て過ごした後、感じるのは「時間をムダにした」という罪悪感ではないでしょうか。

私はそんな罪悪感にさいなまれるのがすごくイヤで、休日にも早起きし、読書やアニメ鑑賞など好きなことをする時間を増やしています。

「休日に昼まで寝てしまうような人」や、「休みはついダラダラしてしまう人」という方の参考になれば幸いです。