Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日に。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

【Mac】XMindが重すぎるのでMindNodeに乗り換えた話

f:id:rough-maker-an9:20171102194543j:plain

マインドマップアプリとして有名なXMindは、Mac向けアプリが超絶重いことで有名です。

これまで「XMindCloud」を仮住まいとして使っていましたが、細かいところに不満があったため乗り換え先を探すことに。

そこで出会った「MindNode」が、私の希望通りの性能&使いやすさだったんで、Macユーザー向けにおすすめする記事です。

SPONSER LINK

1.XMindアプリが重すぎる

マインドマップ用アプリといえば、XMindが最大手なんじゃないかと思います。

洗練されたデザインと、機能性・シンプルさのバランスが取れた非常に使い勝手のいいサービスです(Windowsに限っては)。

しかし、Mac向けのXMindはとにかく重い

スクロールはカクカクだし、文字入力も遅延が我慢ならないレベル。

どうしてこんな完成度でリリースし、しかもXMind Proとして有料版も提供する気になったのかわからないほどです。

どうも日本にはXMindどころかマインドマップを使うユーザーが少ないようで、XMindが使えない!ってレビューは見当たりません。

しかし海外に目を向けてみると、「xmind slowly mac」とGoogle検索してみるだけで、山ほどXMindのバグを指摘する声があがっているのが理解できます。

2016年あたりからずっとブーイングを受けているMac版XMindですが、公式として修正される気配は全然ありません

シンプルで使いやすいアプリであるだけに、非常に残念であります。

2.Xmind Cloudは便利だけど信頼性に欠ける

そんなXMindのサービスの中でも、クラウド上でマインドマップの編集ができる「Xmind Cloud」はめちゃくちゃ優秀。

私なんかすんごく気に入って、ブラウザ版「XMind Cloud」で使えるキーボードショートカットまとめなんて記事を書いてしまうほどでありました。

iPhone向けアプリも完成度が高く、端末間の同期も問題なくおこなえました。

しかしこのXmindCloud、ヘビーに使えば使うほど、ちょっとしたところが気になってきます。

それは、ローカルや大手クラウドサービスにデータを保存できないこと。

作成したマインドマップは、すべてXmind Cloud独自のクラウドに保管されるシステムのようで、万が一XMind Cloudが何かの理由で落ちてちまったらデータが全部消えることになってしまいます。

せっかくのアイデアの保管庫を全部失うというリスクは回避したかったんで、別のマインドマップアプリを探すことにしたんです。

3.MacとiPhoneで実用的なマインドマップサービス

少し調べてみると、意外とマインドマップ用アプリの数が少ないことに気づきます。

それはそれで探しやすくて結構なことなんですが、今後開発がストップし、サービスがどんどん減少していってしまわないかが心配であります。

1. iThoughts

iThoughts (mindmap)

iThoughts (mindmap)

  • toketaWare
  • 仕事効率化
  • ¥1,400

まずはこちらの「iThoughts」アプリ。

これはiPhone向けのアプリで、パソコンで作成したXMindなどのマインドマップを、iPhoneで編集するための互換性の高さが魅力のサービスです。

メンタリストDaiGoさん御用達の使いやすいアプリではあるんですが、私はどうも好きになれず。

ブランチ(枝)の伸び方だったり、トップ画面の垢抜けない感じだったり。

師匠(メンタリストDaiGoさん)が使っているアプリなんで、ぜひとも使いたいところではあるんですが、私的にはちょっとNGでありました。

2.Lighten

XMindがリリースしているiPhone/Mac向けマインドマップアプリに「Lighten」があります。

比較的新しいサービスなんですが、実は致命的な欠陥があることに購入後気づきました。

それは、競合する内容が保持されないこと。

つまり、MacとiPhoneとで同じマインドマップを開き、それぞれに編集を加えようとすると、片方の編集内容が削除されてしまうんです。

たとえばEvernoteであれば「競合する内容」として別のノートブックに記録してくれますが、LightenはどうやらiPhone側の編集しか残してくれない模様。

この編集内容が削除されてしまうという不具合に3回ほど遭遇し、大変痛い目にあったので、このサービスも普段利用のアプリとしてはNG。

3.Mindly

Mindly (マインドマッピング)

Mindly (マインドマッピング)

  • dripgrind Oy
  • 仕事効率化
  • 無料

Mindlyはあなたの内なる宇宙を整理するのに役立ちます。

という触れ込みの、ちょっと変わったデザインのマインドマップ用アプリ。

従来のマインドマップのような、中央から360度方向に広がる放射線状ではなく、惑星のようにアイデア同士がつながるシステムになっています。

たしかにおもしろいアプリではあるんですが、円の中に無理やり文章を押し込む分、文字が細かくなって一覧性が悪くなってしまうように感じました。

Mac用も使ってみましたが、やっぱり全体を俯瞰するのにはちょっと不向きかなと。

いちいち拡大・縮小しなきゃいけないってのは使いづらいし、慣れるまでに時間がかかりそうなので、残念ながらMindlyもアウト。

4.MindMeister

最後は、XMind Cloudのようにブラウザだけで編集できるサービスが魅力のMindMeisterです。

iPhone向けアプリもリリースされており、使ってみた感じではかなりよさげ。

しかしブラウザ版のMindMeisterがちょっと好みではなくって、「他のユーザーのおすすめマップ」とか「有料版へのアップグレードはこちら!」といったいらない情報が多め

f:id:rough-maker-an9:20171102205440p:plain

サブスクリプション型で毎月/毎年の支払いが発生するのもマイナスポイント。

有料版に申し込まないと、たった3つのマインドマップしか作成できない料金体系になっております。

私はもう少し、アイデアまとめ作業に集中できるシンプルな画面がほしかったので、MindMeisterもボツになりました。

4.Mac向けマインドマップアプリは「MindNode」がベストだった

  1. ローカルorクラウドサービスに保存できる
  2. MacでもiPhoneでも問題なく同期/編集できる
  3. シンプルな操作画面

こんな3つのポイントを抑えたマインドマップ用アプリがないもんかなと、ここまでいろいろと探してきました。

そして最終的に「これだ!」と思えたサービスが、MindNodeというマインドマップ用アプリだったんです。 

f:id:rough-maker-an9:20171102210040j:plain (↑ブログの下書きをつくっている風景)

ブランチのアニメーションが気持ちよくて、マインドマップをつくる作業が楽しくなるようなデザイン。

iCloudとの連携が可能で、iPhoneと同期しながら編集ができる(もちろん、競合する内容は別々に保存されます)。

さらに余計なツールバーやステータスバーがなく、アイデアまとめ作業に集中できる画面。

これでもう少し値段が安ければいうことなしなんですが…笑

(記事執筆時点で、Mac向けアプリは3600円、iOS向けアプリは1200円です。)

MindNode 4

MindNode 4

  • IdeasOnCanvas GmbH
  • 仕事効率化
  • ¥1,200

MindNode 2

MindNode 2

  • IdeasOnCanvas GmbH
  • 仕事効率化
  • ¥3,600


まとめ

  • Mac向けXMindアプリは超絶重い
  • だけど公式で対応してくれない残念感
  • 代替アプリとしてMindNodeがおすすめ

以上、「【Mac】XMindが重すぎるのでMindNodeに乗り換えた話」という記事でした。

ここ1ヶ月ほどMindNodeを使い続け、毎日のブログの更新にもフル活用しております。

ノードの数を増やしても動作が重くなるってことはないし、不具合や表示の乱れも今のところ感じられていません。

価格はちょっと高いですが、Macで使うマインドマップアプリとして、これより使いやすいものはないでしょう。

公式サイトからトライアル版もダウンロードできるんで、一度使ってみることをおすすめします。

いやぁいいですよ。MindNodeは。