Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日に。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

電気ケトルやIHコンロを加湿器代わりにしてるんだけど、同じことやってる人います?

f:id:rough-maker-an9:20171014154416j:plain

超音波式の加湿器は使えないし、スチーム式は高い。

そこで私は、電気ケトルやIHクッキングヒーターを用意して「なんちゃって加湿器」として代用しています。

SPONSER LINK

寒い時期は乾燥が気になる

私は乾燥にめっぽう弱い人間でして、唇は乾くわ鼻は痛くなるわで、毎年のように乾燥と戦っています。

良質なリップクリームを探し回ったり、マスクや加湿器を多用したりして寒い時期を乗り切っているわけですな。

しかも子どもの頃からずっと乾燥肌も抱えてましたんで、そこらの女子に劣らず乾燥には敏感だったりします。

加湿器が欠かせない

そんな私にとってめちゃくちゃ便利なのが、加湿器

エアコンなりヒーターなり暖房をつけていたとしても、加湿器があれば乾燥が気にならない。

肌はしっとりして鼻もガサガサしませんし、唇も切れることが少なくなります。

なので私には、心地よい蒸気を吹き出しながら乾燥を防いでくれる、家庭用の加湿器が欠かせない存在なのであります。

加湿器選びが難しい

しかし、加湿器を選ぶのってなかなか難しいんですね。

超音波式は頼りにならない

たとえば、安物の超音波式加湿器は、単なる霧吹きなんで効果は期待できません。

以前、超音波式加湿器をなにかの特典でもらったことがありまして、それを一時期ワンルームアパートで使ってみたこともありました。

↑こんなやつ。

結果、まったくもって加湿の効果は期待できず。

アロマディフューザーとして使ってみたこともありますが、いい香りが楽しめるのは最初だけで、だんだんと異臭がしてきたり…。

インテリアとしてはたしかに楽しめますが、カビが生えるなど手入れが面倒で使えない子でした。

スチーム式が便利だが高価

逆に、スチーム式と呼ばれるポットのような加湿器は、非常に魅力的な商品です。

水をいったん沸騰させるので、カビや雑菌の心配はなし。

電気代がかかるのはネックになるかもしれませんが、温かい蒸気で部屋を加湿してくれるので、効果もスピーディに実感できるっぽい。

ただし、限られた時期にしか使わず、加湿するだけのアイテムに1万5000円払い、かつ占有スペースも設けるのは個人的にNGであります。

なので私は、今ある家電をうまく使って「なんちゃって加湿器」にできないか考えてみたわけです。

今ある家電で「なんちゃってスチーム式加湿器」を

1.電子ケトルのフタ開けっ放し

f:id:rough-maker-an9:20171014160141j:plain

まずは、電気ケトルのフタを開けっ放しにして、常に沸騰させておく方法ですね。

私の使っているティファールの電気ケトルは、フタの部分に温度センサーが取り付けられているのか、フタを閉めずにスイッチをオンにしておくとずっとお湯を沸かしておいてくれます。

もちろん本来の使い方ではないんで、故障の可能性が高まったり、電気代が跳ね上がったりすることはあるでしょう。

それでも、私が1シーズン使った限りでは故障や不調の兆候はみられませんでしたし、電気代も仰天するほど高価になったわけでもなかったので、帰宅直後など短期集中的にこの方法を使っています。

注意点としては、ケトルの中のお湯がブクブクと沸き立つんで、周囲に水しぶきが飛び散ってしまうことですね。

2.IHクッキングヒーターに鍋を置いて沸騰

f:id:rough-maker-an9:20171014160128j:plain

もうひとつの方法は、IHクッキングヒーターの上に水だけを入れた鍋を置き、加熱し続ける方法です。

おそらく、こっちの方がケトルよりも電気代は抑えられるはず。

さらに加湿以外にも料理をつくるコンロとして使えますんで、いろんな用途に使えるといった意味ではこちらの方がおすすめ。

ケトルの方法とは違って決して間違った使い方はしていませんし、弱火でゆっくり加湿するようにすれば、急激に湿度が高まることもないですしね。

こちらの注意点は、IH対応の鍋やヤカンが必要になるために、初期コストがややかさむという点でしょうか。

それでも、「加湿器」と「自炊用のコンロ」が一気に増えるって考えれば安いものでしょう。

私が使っているのは、一人暮らし用のミニサイズのIHクッキングヒーター。

2〜3口搭載している大きめの高機能IHクッキングヒーターもありますが、わが家ではガスコンロが置けて調理用のコンロには困っていないため、あえて選びませんでした。



まとめ

  • 超音波式加湿器は、インテリアとしてはいいけど加湿器としては使えない
  • スチーム式は便利だけど、使う期間や機能の少なさを考えると割高
  • 多少電気代は上がるだろうけど、電気ケトルやIHクッキングヒーターを使って加湿するのがおすすめ

以上、「電気ケトルやIHコンロを加湿器代わりにしてるんだけど、同じことやってる人います?」という記事でした。

電気ケトル = お湯をわかすためのもの。

IHクッキングヒーター = 料理をつくるもの。

って感じで固定観念に縛られていると、なかなか出てこないアイデアなんじゃないかと思うんですが、いかがでしょう。

私のように乾燥した時期が苦手で、かつ超音波式加湿器がイヤスチーム式も高くてイヤという方にはピッタリの方法だと思います。

IHクッキングヒーターなら料理にも流用できますんで、まずはAmazonランキングを眺めてみるのがおすすめ。