Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日に。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

【1000円で30GB!】テザリングがあればもう固定回線いらないんじゃね問題

f:id:rough-maker-an9:20170919161439j:plain

私が契約するSoftBankから、1000円上乗せで30GB分のデータ量を契約できる「ウルトラギガモンスター」というプランが発表されています。

別途WiMAXを契約するよりも、圧倒的にサブ回線に適しているよねって話。

SPONSER LINK

ウルトラギガモンスターとは

www.softbank.jp

2017年9月13日に発表されたのが、「ウルトラギガモンスター」という料金プラン。

5GBの料金にプラス1000円で20GB。

さらにプラス1000円すれば、50GBのデータ量が割り当てられるというもの。

ついでに家族とのデータシェアも可能で、家族割により7000円→5000円に割引もされるそうな。

私は普段5GBの契約を申し込んでおりまして、旅行に行くなど外出が多くなりそうな月には、あらかじめ20GBのプランに切り替えたりして使っていました。

5GBは5000円、20GBは6000円、そして50GBが7000円になるんで、これまでの料金プラス1000円〜2000円で30〜45GB上乗せで高速通信ができるようになるわけです。

テザリング使用で固定回線の代わりにもなりうる

さらにこの50GBのデータ量を、テザリングを使ってパソコンなどにも接続すれば、もう固定回線いらなくなるんじゃねとも思うわけです。

たとえば20GBの契約でこれまでスマホを持っていたとして、1000円+テザリングオプションの500円、1500円で30GB分の高速通信が可能になります。

合計で50GBありますんで、動画や大きなファイルの共有をしなければ100%固定回線の代わりにすることができるでしょう。

また、自宅で仕事している私のような人間の場合、ネット回線の不具合が命取りになることもあります。

ネット回線がなければ仕事がまったくできなくなってしまうんで、生活費を稼ぐことすら危うくなるわけです。

しかし、バックアップ用の回線(しかも高速な4G回線!)がスマホにあると考えれば、仕事に安心して取り組めるようになります。

キャリア回線のテザリング + 固定回線がベストな理由

私はこれまで自宅用のSoftBank Airと、サブ回線用にWiMAXとか民泊Wifiというサービスを使ったりしてきました。

でも、この50GBのプランがプラス1000円〜2000円で使えるなら、もうキャリア回線のテザリング + SoftBank Air(固定回線)だけでいいんじゃないかと思い始めています。

1.契約も持ち物もシンプルにできる

自宅の固定回線とは別に、サブ回線を用意しようと思えば、WifiルーターやSIMカードの契約が必要になります。

固定回線 + スマホ + サブ回線ってことで、3つ以上の契約になってしまうわけです。

Wifiルーターを使うことになれば、外出の際にパソコンやタブレット + スマホ + Wifiルーターの3つを持ち運ばなければいけなくなる。

つまり契約の数も、持ち物の数も増えてしまうってことですね。

しかし既に持っているスマホのテザリング機能を利用して、Wifiルーターの代わりに使っちゃえば契約の数も、持ち物の数も変わりません。

よりシンプルに過ごせるわけですな。

「シンプル」という言葉が大好きな私にとって、この選択肢は非常に魅力的であります。

2.WiMAXにありがちな不安定さがない

WiMAXって、一時期は固定回線になるんじゃね?みたいな風潮がありましたが、実際に使ってみると結構不具合が多かったりします。

自宅の立地によっては、通信制限がかかっていなくても通信速度が遅く、結局固定回線を引き直したりとか。

私も仙台に引っ越して住んでいるアパートでWiMAXを使う場合、昼間はギリギリ使用に耐えうるレベルで、夕方以降になるとまったく使えないレベルの回線になってしまいます。

仙台駅とか栄えているエリアに行くと、安定した高速通信もできるんですけどね。

たぶん自宅周辺でWiMAXやau回線を使っている人が多いために、安定して通信できないんじゃないかなあと予測しております。

また、WiMAXのWifiルーターはバッテリーの持ちが悪いこともよく言われます。

普段使っているiPhoneと、WiMAXのWifiルーターを比較すると、やっぱり安心して使えるのはiPhone(のテザリング機能)なのかなというのが個人的な印象。

3.安い

www.uqwimax.jp

WiMAXの提供元、UQコミュニケーションズの公式サイトをみると、通信制限なしのWiMAXを契約しようとすると、最低でも4000円以上の月額費用がかかります。

しかし、ウルトラギガモンスターを使用する場合、これまでの料金プラス1000円〜2000円で(別途テザリングオプションも必要)ほぼ無制限といえるくらいのデータ通信が可能になります。

およそ半額でサブ回線を持てるようになるわけなんで、圧倒的にコストを抑えられるようになります。

4G回線なんで、通信速度も安定性も折り紙つき。

固定回線でなんらかのトラブルがあった場合にも、外出先でパソコンを使いたい場合にも、大いに役立ってくれます。

デメリットなんて見つからないんじゃないかという組み合わせですね。

まとめ

  • キャリア回線とテザリングがあれば、固定回線の代わりとしても使えそう!
  • WiMAXと比べて、料金も契約の数も持ち物の数も抑えられる!
  • 仕事用に固定回線 + 50GBのバックアップ回線で、圧倒的な信頼感!

以上、「【1000円で30GB!】テザリングがあればもう固定回線いらないんじゃね問題」という記事でした。

今回はSoftBankのケースのみで考えましたが、docomoのウルトラパックとかauのスーパーデジラみたいな大容量プランが各キャリアにありますんで、そのうちSoftBank以外でも大量のデータ量を安く使えるようになるんじゃないかと考えられます。

そうなったら、いよいよWiMAXのような回線は不要になりますね。

数年後にはおそらく、格安で無制限にキャリア通信ができるプランも発表されるでしょうし。

一時期は格安SIMの利用も考えましたが、今回の発表やiPhone本体料金の負担を軽減できることを考えると、私はもうしばらくキャリア契約を続けることになりそうです。

数千円の上乗せでほぼ固定回線レベルのテザリングが使えるなんて、いい時代になりましたね〜。