Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日に。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

Googleマップ + 骨伝導ヘッドホンで、安全・快適にナビ付きサイクリングができるぞ!

f:id:rough-maker-an9:20170911174104j:plain

スマホと骨伝導イヤホンをBluetooth接続して、Googleマップのナビを使用。周りの音が聞こえつつ、ナビ音声もしっかり聞き取れます。

なお、画像は公式HPより引用しました。

SPONSER LINK

クロスバイクで遠くまで行けるように

最近買ったクロスバイクで、近くの山に登ったり、観光スポットをひとりで巡ったりしている私。

初めのうちは体力が持たず、途中で自転車を降りて押して歩くこともしばしばありましたが、近ごろは筋肉もついてきて、サイクリングが楽しめるようになってきています。

まったく知らない道を自転車で走るにあたっては、「Googleマップはめっちゃ役立つな」と思うことも多くなりました。

Googleマップのナビを活用したい

Google マップ - ナビ、乗換案内

Google マップ - ナビ、乗換案内

  • Google, Inc.
  • ナビゲーション
  • 無料

クルマでのドライブでも大いに活躍してくれるGoogleマップ。

自転車で遠出するときにも、Googleマップがやっぱり便利です。

こんな感じで、自転車のハンドルにスマホを取り付けるホルダーの導入も検討しています。

しかし、手元のスマホを見ながら自転車に乗るのは、ちょっと怖い。

法律で禁止されてはいますが、やっぱりイヤホンをつけて耳元でナビ音声を流してくれるのが、一番助かります。

ということで今回紹介するのが、骨伝導イヤホンを使い、耳をふさぐことなくGoogleマップのナビを聞く方法です。

骨伝導イヤホンなら安全かつ快適にナビを聞ける!

骨伝導イヤホンとは

骨伝導イヤホンっていうのは、上の写真にあるようなイヤホンのことを指します。

こめかみあたりに小さなスピーカーを押し当てることで、名前の通り、頭蓋骨の振動を伝って耳の奥に音が伝わる…というイメージです。

私はこのイヤホンを昨年から愛用してまして、家で作業しているときにも、散歩するときにも欠かさず装着してオーディオブックを聞いています。

周りの音も、ナビの音声も聞こえる

骨伝導イヤホンは、耳の穴をふさぎません。

そのため、そばを通るクルマの音も、電車の音も、踏切の音もバッチリ聞こえます。

にもかかわらず、イヤホンから流れる音もしっかり聞こえるんですよね。

Googleマップで目的地を設定し、ナビを開始すれば、「およそ200m先、右へ曲がります」というナビ音声も聞こえてきます。

迷わず目的地を目指せるという快適さと、周りの音を遮断しない安全性を兼ね備えた、画期的なイヤホンなわけです。

法的にはグレーゾーンかも?

www.itmedia.co.jp

骨伝導イヤホンを装着させて地域の観光スポットを紹介する「ナビチャリ」みたいなサービスが始まっているので、骨伝導イヤホンを装着しながらの自転車走行は、法的にはホワイト寄りのグレーでしょう。

ただ、周りから見ればほぼイヤホンを装着し、耳を塞いでいるように見えるのも事実。

万が一骨伝導イヤホンを装着中に自転車事故を起こした場合、なんらかの責任を問われる可能性もあるかもしれません。

私は特に気にせず装着して自転車に乗っていますが、心配な方はご注意ください。

「TREKZ TITANIUM」がおすすめ

nogunori.hatenablog.com

骨伝導イヤホンに関しては、私が以前レビュー記事を書いたこともある「AfterShokz TREKZ TITANIUM」がやっぱりおすすめ。

1万円以上する高価なイヤホンではあるんですが、バッテリーの持ちが異様に良く、かつ従来のイヤホンにも劣らない音質を備えています。

カタログスペックでは連続再生6時間となっていますが、私が家でオーディオブックを聞いている限りでは、一度充電すれば10時間以上バッテリーが持っている印象。

あまりに使い勝手がいいので、1代目の故障を機に、2代目も同モデルの骨伝導イヤホンを買ってしまいました。

また、ジョギングやサイクリング用にデザインされている商品ですんで、自転車用ヘルメットやサングラス、メガネをしたままでも装着できるのがポイントです。

私は、メガネ + 自転車用ヘルメット + TREKZ TITANIUMを装着して普段走っていますが、締め付けで悩まされたり疲れを感じたりすることはないですよ。

まとめ

  • ちょっとした自転車旅行では、Googleマップ + 骨伝導イヤホンで安全・快適に走れる
  • スマホホルダーよりも、骨伝導イヤホンでナビを聞くのがおすすめ
  • 少し高価だけど、骨伝導イヤホンは「AfterShokz TREKZ TITANIUM」を使おう

以上、「Googleマップ + 骨伝導ヘッドホンで、安全・快適にナビ付きサイクリングができるぞ!」という記事でした。

最近はクロスバイクにハマっているせいで、自転車関連のエントリーばかりになっております。

運動不足の解消と、クルマの代用となる足としての役割を求めて買った自転車ですが、今では趣味のひとつとして楽しんでる感じです。

今後も自転車を楽しむための記事を増やしていく考えですので、よろしければブログの読者登録もしていってくださいな。