Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日に。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

毎朝5分で読書!本の要約PDF「TOPPOINT」おすすめ活用方法

f:id:rough-maker-an9:20170907201059j:plain

ビジネス本のエッセンスを学べるTOPPOINT。私の使い方とおすすめ活用法を紹介します。

SPONSER LINK

4ページでビジネス本のエッセンスを

nogunori.hatenablog.com

昨年の4月、こんな記事を書いたことがありました。

レバレッジ・リーディング』をはじめ、さまざまな本で紹介されているTOPPOINTというサービス。

こちらはスタッフさんが熟読したビジネス本を、毎月10冊分、それぞれ4ページで要約し、定期的に宅配してくれるサービス。

「ビジネス本でいちばん重要なのは全体の2割」という話も聞きますが、TOPPOINTではその2割をうまくまとめて要約されています。

新聞1〜2ページほどのボリュームで本1冊分のエッセンスがインプットできるので、集中力も時間も節約し、効率的に勉強することが可能になります。

PDFでダウンロードできるのがポイント

www.toppoint.jp

さらに大きいのが、定期購読の雑誌として毎月冊子が届くほか、WEB上のライブラリーから、要約をPDFファイルでダウンロードできること。

冊子として届く要約をそのままスキャンしてデータ化したPDFファイルなので、スマホやもちろんパソコンやタブレットなど、あらゆる端末で読めるようになります。

これがもし、定期的に届く雑誌でしか読めなかったら、TOPPOINTの魅力は半減していたでしょう。

電車のなかでも病院の待ち時間でも、スマホと5分のスキマ時間があれば、本1冊を読むことができます。

別の言い方をすればTOPPOINTは、ビジネス本1冊を速読するためのツール、とも言えるでしょう。

TOPPOINTはこうやって使え!

それでは、私も実際におこなっているTOPPOINTの活用方法を紹介します。

肝となるのは、「ライブラリー会員になること」「決まった時間に毎日1冊分読むこと」であります。

1.ライブラリー会員になって冊子はメルカリへ

www.toppoint.jp

いったん1万円払えば、定期購読を解除しない限りずっとプレミアムサービスを利用できるのが、TOPPOINTライブラリー会員です。

これを申し込まなければ、TOPPOINTのよさはまったく引き出されないと言っても過言ではありません。

f:id:rough-maker-an9:20170907205137p:plain

画像を見るとわかる通り、ライブラリー会員になるとさまざまなサービスが利用できるようになります。

特に大きいのが、通常月10冊分しかダウンロードできないPDFファイルを、月50冊までダウンロード可能になること。

1000冊以上のアーカイブのなかから、最大月50冊をダウンロードできるようになるので、1日1冊要約を読む習慣をつけても数に困りません。

ジャンル別の特集や、読者ランキングなども閲覧可能になるので、要約を探す手間を省くことにもつながります。

ところで、個人的には基本PDFファイルを電子書籍のように読むのが、一番おすすめの読み方。

そのため毎月自宅に届く紙媒体の冊子は、メルカリなどで売って処分するか、メールで問い合わせて配送を止めてもらいましょう。

1冊あたり1080円する雑誌であり、店頭では買えない定期購読限定のTOPPOINT。

なのでメルカリで出品すれば、500円くらいで売れるのではないでしょうか。

2.PDFファイルはクラウドに

ライブラリー会員なら、毎月50冊分までPDFファイルをダウンロードが可能。

ダウンロードしたPDFファイルは、クラウドサービス上にアップロードして保存しましょう。

EvernoteでもDropboxでもGoogleドライブでもいいので、スマホやパソコンからいつでも読める状態にするわけです。

そうすれば、スマホがあればいつでもどこでも要約を読めるようになるので、5分のスキマ時間さえあれば本1冊分のインプットをおこなうことができるようになります。

たとえば私は、KindlePaperWhiteにメールで送信して、夜寝る前でも目にやさしくインプットできるようにしています。

もちろん大画面のiPadで読むのもおすすめですよ。

3.毎朝起きたら5分で読む

やりたいことを習慣化するには、毎日やる場所と時間帯を決めるのがベスト。

TOPPOINTはゆっくり読んでも5分で読み終わるボリュームの要約なので、毎日朝起きてすぐに読む習慣をつけましょう。

枕元にKindleやiPad、iPhoneなどを置いておき、起床したらすぐに読めるように準備しておくわけです。

いずれかのクラウドサービス上にPDFファイルを預けてあれば、iPhoneからすぐにアクセスし、要約を読むことができるはずです。

1日1冊読む習慣を続ければ、1ヶ月に30冊。

1年で365冊分の、本のエッセンスを自動的にインプットできるようになることを目指しましょう。

まとめ

  • TOPPOINTは、ビジネス本のエッセンスを5分で学べる要約
  • ライブラリー会員を申し込んで、冊子は処分しよう
  • クラウドサービスを利用して、いつでもすぐに読めるように

以上、「毎朝5分で読書!本の要約PDF「TOPPOINT」おすすめ活用方法」という記事でした。

私は毎日1冊TOPPOINTの要約を読んでインプットすることを習慣にしておりまして、学んだことはTwitterへの投稿で毎日アウトプットしています。

たとえばこのツイートは、『幸福の習慣』という本の要約を読んだあとに書いたもの。

本1冊まるごと読んだあとにアウトプットをするのは、かなりの集中力を要します。

しかしたった4ページの要約を読んだあとであれば、すぐにアウトプットすることができるんですよね。

本を読む時間がない人も、毎日本を読んでいるという人も、ぜひTOPPOINTとライブラリー会員に申し込み、毎日インプットする習慣を身につけましょう。

www.toppoint.jp