Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日に。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

【レビュー】ぜひともMacと並べたい「日本HP 24erモニター」は、抑えめの価格とデザイン性がポイント

f:id:rough-maker-an9:20170828165652j:plain

「日本HP 24erモニター」は、低価格ながらMacにもマッチするデザイン性の高いディスプレイです。価格とスタイリッシュさのいいとこ取りしたい方におすすめ。

SPONSER LINK

日本HP 24erモニターの基本スペック

  • 23.8インチベゼルレスディスプレイ(表示領域:527.0 mm x 296.4 mm)
  • フルHD (1920 x 1080) 対応、IPS パネル
  • コントラスト比 1000:1
  • ダイナミックコントラスト比 10,000,000:1
  • アンチグレア(非光沢パネル)
  • テクニカラー認証
  • 応答速度14ms
  • HDMI×1、VGA×1
    引用:http://jp.ext.hp.com/monitors/personal/

公式サイトから引用すると、「日本HP 24erモニター」の基本スペックはこんな感じ。

要約すると、画質は悪くないし映り込みも少なく、A4用紙2.5枚分くらいのサイズだよって内容ですね。

特筆すべきはその価格の安さデザイン性であります。

Amazonで現時点の価格を見てみると、1万6,800円。

及第点のモニタースペックと、Macの隣に並べても違和感のないデザインを持った上で、2万円を切る価格は大きなポイントです。

気になるスペック

それから個人的にこれ必須だよなって情報を追加しておくと、

  • ベゼル(フチの太さ)は左右6ミリくらい
  • 本体の厚さは一番薄いところで7ミリくらい
  • イヤホンジャック・スピーカーはともに未搭載
  • モニターアーム(VESA規格)に非対応
  • 電源コードとアダプタ太め&大きめ
  • もちろんブルーライト低減モードあり

って感じでしょうか。

ベゼルの太さとモニターの厚さは公表値がないので、自分で定規をあてて測ってみた数字です。

注意したのは、モニターアームに非対応という点ですね。

モニターが増えたり周辺機器が増えてくると、モニター台がじゃまになり、アームを使って浮かせたいという気持ちがわいてきます。

しかしこのようなモニターアームは、モニター裏の4本のネジを使って固定するもの。

日本HP 24erモニターは薄さを優先したためにネジ穴がなく、モニターアームに固定できないというわけです。

ゆくゆくはモニターの数をとことん増やしたり、外付けHDDやらペンタブやらを置いたりする予定で、デスクもそれほど広くないなら、モニターアームが使えるディスプレイを選んだ方が無難です。

日本HP 24erモニターのおすすめポイント

それでもこの日本HP 24erモニター、3ヶ月ほど使ってますがすごくお気に入りのモニターです。

これまでに何枚かほかのメーカーのモニターは使ったことがありますが、見栄えのいいモニターがあるだけでこんなに気分が上がるんだなぁと感じたりもします。

次からは私が気に入っている日本HP 24erモニターのおすすめポイントを3つにまとめました。

1.ベゼルが狭い&本体が薄い

まずはなんと言ってもこのモニターのウリ、ベゼルの狭さ本体の薄さでしょう。

本体が薄くて省スペースで置けますし、ベゼルが狭いために画面をまたいでのマウス操作が快適です。

特にベゼルの薄さが本領を発揮するのは、この日本HP 24erモニターを横に2枚並べた場合です。

f:id:rough-maker-an9:20170828173342j:plain 画像引用:http://review.kakaku.com/review/K0000890661/ReviewCD=977854/

価格.comのレビューにめっちゃおしゃれにモニターを並べた画像がありまして、ぜひご覧いただきたい。

この美しさが、私がこのモニターを買ったきっかけでもあります。

私もゆくゆくはこんなパソコン環境にしたいものですが、今のMacBookProのトラックパッドを多用するので、どうしてもMac+モニター1枚か2枚の統一感のない感じになってしまいます。

MacBookに搭載されるトラックパッドと同じくらい高精度のトラックパッドが、外付けで発売されたらいいんですけどねぇ。

2.ボタンやポートが少なくシンプル

f:id:rough-maker-an9:20170828173919j:plain

背面のポートはこんな感じ。

HDMIと、VGAと、AC電源のポートのみ。

あとはセキュリティロックの穴ですね。

前面には、電源ボタン+明るさなどを操作するボタンが4つ。

もちろん正面からはボタンの存在は見えません。

この少ないポート数とボタン数が、シンプルでとってもいい感じです。

モニターのなかには電源供給用のUSB端子があったり、入力端子が3つも4つもついていたりする「何に使うの?」と言いたくなるモデルもあります。

それと比べると、シンプルな構成で好感が持てますね。

3.見栄えがグッド

f:id:rough-maker-an9:20170828174651j:plain

そしてなにより、見た目が素晴らしいです。

現在私は画像のように、MacBookPro15インチの上に位置するように高さを調節してモニターを置いてあります。

モニターを使い始めてから3ヶ月経ちますが、いまだにディスプレイの美しさ(外観的な意味で)にほれぼれしてしまうほど。

日本HPは、ノートPCやほかのモデルのモニターもデザイン重視で設計しているようで、MacのサブとしてWindows機を選ぶ際にも選択肢のひとつとしておすすめですよ。


nogunori.hatenablog.com

日本HP 24erモニターのイマイチな点

逆に日本HP 24erモニターのデメリット的なものを挙げると、やはりモニターアームに非対応な点でしょう。

モニターアームを使うと自在に高さを調節できるので、目や肩に負担がかからない高さにぴったり合わせられます。

このあたりは、薄さ・狭さ・軽さを取るか、便利さを取るか、というところ。

私は高さを調節できるIKEAのスタンディングデスクを使っているので、モニターの高さ調節にはそれほど苦労してはおりません。



届くまでが遅いことにも注意

Amazonをよく使っていて、注文した翌日には発送されるような通販に慣れていると、日本HPの配送の遅さが気になるはず。

Amazonや楽天の日本HPストアから注文しても、公式サイトから注文しても、届くまでに最低1週間はかかります。

これは、日本HPが完全受注生産だから。

注文を受け付けてから組み立てるわけですね。

しかも土日は注文が処理されず、週明けから倉庫が動くらしい。

今すぐほしいという場合には向かないモニターですんで、そこんところも注意しましょう。

まとめ

  • 日本HP 24erモニターは、本体の薄さとベゼルの狭さがウリ
  • Macと並べても遜色ないデザイン性が魅力
  • ただし発送が遅く、モニターアームにも非対応

以上が、日本HP 24erモニターのレビューでした。

2万円以内で買えるモニターのなかでは、トップのデザイン性を誇っているディスプレイだと思います。

ブルーライト低減をはじめ、ほしい機能やまあまあの画質は揃ってますんで、Macといっしょに使うための低価格なモニターとしてどうぞ。