Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日に。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

クラウドストレージはGoogleドライブがおすすめ!PlayミュージックやGoogleフォトと連携して便利に使う

f:id:rough-maker-an9:20170611105100j:plain

これまでいろんなサービスをつまみ食いしてきましたが、Googleドライブに統一しました。

目次(2017/08/07更新)

SPONSER LINK

いままで3つのクラウドストレージを使っていた

こういう話題が好きな方ならわかると思うんですが、クラウド上にファイルを保存できるオンラインストレージサービスって、どれを使うか非常に悩むところであります。

大手のところでDropbox、Googleドライブ、OneDriveなどがありますね。

それぞれ2GB〜15GBほどは無料で使えるんで、サービスごとに用途を決めて使っていたりしました。

たとえば、

  • Dropbox
    →仕事用の書類や確定申告の控えなど。重要書類担当。
  • Googleドライブ
    →Googleフォトで写真を保管し、オーディオブックも入れて、動画以外のメディア担当。
  • OneDrive
    →たまたまPCにプロダクトキーが付いていて、1TBを無料で使用。容量が大きな動画ファイル担当。

こんな感じ。

でもよくよく考えてみると、わざわざクラウドに保存するべきファイルって、ごく少ないんですよね。

もちろん重要書類なんかは、バックアップの意味も含めてクラウドに預けるのがベターでしょう。

一方で動画やオーディオブックって、わざわざ大容量充ててあげる意味あるのかなーって思ったんです。

急に消えても困るほどのファイルじゃないし、外付けのHDDに控えておけば十分。

そう思って、使うクラウドサービスをシンプルにしようと決意。

最終的にGoogleドライブに一本化することに決めました。

Googleドライブがおすすめな理由

Googleドライブに決めた理由は、主に3つあります。

なんといってもGoogleフォト

まず大きいのは、なんといってもGoogleフォトの存在ですね。

多少画質は落ちますが、スマホで撮った写真を無料で無制限に保存することができます。

画質が落ちるといっても、スマホで見れば肉眼では違いがわからないレベルの劣化。

わたしは一度も気になったことはありません。

さらにこのGoogleドライブは、動画のアップロードにも対応しており、しかもこちらも無制限に保存が可能。

アップロードの際には専用アプリを使う必要がありますが、画像も動画も、無料で、無制限に保存できるわけです。

なんでこんなサービスができるのか不思議なくらい、すばらしいサービスだと思います

100GBという容量が刺さる

Googleドライブは無料で15GBの容量が使えます。

それでも普通の使い方には十分でないかと思うのですが、有料で追加容量を購入することもできます。

その選択肢が、

  • 100GB・250円/月
  • 1TB・1300円/月
  • 10TB・1万3000円/月

となっております。

わたしのようなライトユーザーにとっては、ひとつめの100GB・250円のプランがドンピシャなんですよね。

1TBなんて容量はとても使いきれませんが、オーディオブックや音楽をバックアップしようとするなら、この容量が一番ピッタリ。

100GBのプランは、ほかのストレージサービスにはない選択肢です。

ちなみに、現在は15GBで間に合っているので、わたしは有料契約をしていません。

それでもいざという時は100GBを月250円という低価格で申し込めるので、これもGoogleドライブを選ぶ大きな要因となりました。

PlayミュージックやGoogleドキュメントが便利

これは直接的な要因ではないのですが、ほかに使っているGoogleサービスと統一したかったという理由もあります。

たとえば、Googleフォトのように音楽ファイルを保存し放題なPlayミュージック*1

わたしは本体容量の小さいiPhoneを使っているので、アップロードした音楽ファイルをストリーミングできるこのサービスを、大変重宝しています。

ほかにも仕事で不可欠なGoogleスプレッドシート、GoogleドキュメントもGoogleのサービスですね。

Gmailも、Google Chromeも、Google日本語入力もGoogleのサービス。

それゆえに使っているサービスをGoogleで統一したいという思いと、Googleのサービスをもっと使って感謝の気持ちを表したいという思いもありました。

Googleを大きく信頼しているからこそ、ほかではなくGoogleドライブを使うことに決めた、ともいえますね。

まとめ

というわけで、Googleドライブに一本化したよという話と、GoogleドライブとGoogleサービスの魅力について紹介してきました。

たしかにDropboxもシンプルで使いやすいし、OneDriveは1TBを実質無料で使えたりするので、どれも一長一短という気がします。

なので、今回は同期スピードやUI、容量の価格差なんかを考慮せずに決めてみました。

こういう記事を読んでいる方は、クラウドサービスをいくつも使っているという方が多いでしょう。

この機会に、一本化してみてはいかがでしょうか。

おすすめはGoogleドライブです!

*1:最大5万曲・1ファイル300MBまでという制限はあり。