Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日に。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

【iOS】買ってよかったおすすめ有料アプリ3つ。買って後悔したアプリも

f:id:rough-maker-an9:20170628065826j:plain

iPhoneとiPadを使うなかで購入した有料アプリのうち、特に満足度の高かったものを紹介します。

目次(2017/08/02更新)

SPONSER LINK

1.ファイナルファンタジーⅨ

FINAL FANTASY Ⅸ

FINAL FANTASY Ⅸ

  • SQUARE ENIX INC
  • ゲーム
  • ¥2,500

いきなり趣味全開で恐縮ですが、わたしにとって非常に思い出深く、配信されたときに小躍りしたアプリがこちらです。

スクエニが過去にリリースした、ファイナルファンタジーⅨのiOSアプリ移植版です。

実はこのゲーム、わたしが小学生の頃にすごく遊んだタイトルでして、いまでもキャラクターの名前を全員思い出せたりします。

子ども時代に一番熱中したゲームでしたので、iOS版で配信され、いつでもどこでもプレイできるようになってどれほどうれしかったことか…!

iPhoneではちょっと画面が小さいので、iPad miniにインストールしてプレイしていました。

いま考えると、上のようなLightning→HDMIケーブルを使って、外部モニターやテレビに接続して遊ぶのも楽しそうですね。

これなら大画面でFF9の世界を楽しめます。

2.TimeSheet

こちらは、以前に書いた〆切効果で集中力アップ!Macの「時報」で1時間ごとのログをとろうのエントリーに関連したアプリ。

30分ごと、1時間ごとのログを取れるアプリでして、しかもGoogleカレンダーと連携して、あとから俯瞰することも可能な仕様となっています。

このアプリのいいところは、取ったログをグラフ化できる点にあります。

f:id:rough-maker-an9:20170801172730j:plain

実際の記録画面はこんな感じなのですが、グラフ表示に切替えると

f:id:rough-maker-an9:20170801172742j:plain

こんな感じにそれぞれの活動ごとのグラフをつくってくれるんですね。

ちなみにわたしは、

  • ★→勉強
  • ■→仕事
  • ✓→遊び

って感じでそれぞれのログにタグ付けしていたので、これら3項目でグラフを比較することもできます。

f:id:rough-maker-an9:20170801172749j:plain

このときは月40時間働いていたということになります。

1日ごと、1週間ごと、1ヶ月ごとのグラフを表示でき、「来週は勉強時間をもっと増やそう」「来月は遊びの時間を○○時間以下に抑えよう」なんて目標も立てられるわけです。

かなりニッチで刺さる人は多くないと思いますが、「こういうの探してた!!!」と感動する方も少なくないはず。

3.Camera+

Camera+

Camera+

  • tap tap tap LLC
  • 写真/ビデオ
  • ¥360

こちらは多機能で優秀なカメラアプリです。

iPhone標準のカメラアプリにはない、ISO感度の調整や、ホワイトバランスのモード切替え、マクロ撮影ができるなどの機能があります。

f:id:rough-maker-an9:20170801174059p:plain

ISO感度を調節すれば、意図的に白飛びする写真を撮れたり、光量が少なく暗い場所で撮るときも明るい写真に仕上げることができたりします。

また、マクロ撮影も非常に有用で、標準のカメラアプリではピントが合わないほどの近い被写体にも、しっかりピントを合わせてくれます。

f:id:rough-maker-an9:20170801174049p:plain

こんな感じで、背景ボケをつくりだせたりするわけです。わかりづらいかな?

ホワイトバランスの調整も便利ですが、いまでは画像加工アプリがたくさんリリースされていますし、あまりこの機能は使わないかもしれません。

とはいえ、標準のカメラアプリと比べれば、一眼レフのようなずっとおもしろい写真が撮れるようになりますので、写真にこだわりたい方にはおすすめです。

ちなみに被写体にした物体の正体はこちら

買って後悔したアプリ

ここまでで終わってもいいのですが、それだけでは芸がないので、逆にわたしが買って後悔したアプリもひとつ取り上げようと思います。

DuetDisplay

Duet Display

Duet Display

  • Duet, Inc.
  • 仕事効率化
  • ¥1,800

そのアプリとは、こちらのDuetDisplayというアプリ。

MacやWindowsに接続し、iPadやiPhoneをPCのセカンドモニターにできるという超便利そうに見えるアプリ。

ごく少数のレビューにもある通り、このアプリを使ってモニター接続すると、100%の確率でPC側に不具合が起きます。(筆者体験談)

WindowsPCにつなげた場合には、Synergyというマウス・キーボード共有アプリが動作停止。

Macにつなげると、MissionControlが機能しなくなるという不具合が起きました。*1

WindowsPCはシステムの復元を行なって、数日前の状態に戻すことで回復。

MacはAppleのサポートに問い合わせて何時間も解決方法を探したあげく、OSの再インストールを行なう結果になりました。

不具合解消に費やした時間は1日〜1週間ほど。

こんなアプリ、ストアから削除してしまえ!!と思うのですが、どうやらPCとの相性に問題がなかった人には神アプリとなるらしい。

「アメリカ、日本、イギリス、ドイツ、その他17の国々で人気No.1のベストセラーアプリ」だそうです。嘘だろ。

もしかしたら、わたしのように不具合を起こす方が少数なのかもしれません。

しかし、PCに致命的な不具合を起こす可能性を考えると、まったくおすすめできないゴミアプリだと言わざるを得ません。

まとめ

iOSアプリのなかでも買ってよかった有料アプリ、3つを紹介してきました。

わたしはアプリにはよくお金をかける方で、作業を効率化してくれそうなタイトルにはどんどん課金するスタイルです。

そのなかでも、上記3つがいまでも使っているアプリでして、特におすすめな有料タイトルであります。

価値観は人それぞれかと思いますが、500円〜2000円くらいならポンと出せるぜ!という方は、ぜひ使って試してみてください。

*1:MissionControlは、Macウィンドウを一覧表示できる機能。トラックパッドを3本指で上にスワイプすると出てくるもの。Macで作業するときには必須の機能です。参照:https://support.apple.com/ja-jp/HT204100