読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日を。ベタベタデイズがお送りします。

Chromeで「Ctrl+Q」を押しミス&強制終了を回避する方法

ライフハック

f:id:rough-maker-an9:20161125223919j:plain

 

Ctrl+Wキーのショートカットと間違えて、Chromeが強制終了するたびにイライラするので、解決策を思いつきました。(Windows環境)

 

ひと昔前と比べると、格段に便利になっているインターネットブラウザ。特にGoogleChromeは、すでに無くてはならないツールになっていますよね。

私も仕事柄、たくさんのタブを開き、それぞれのウィンドウごとに請け負っているプロジェクトで使うURLや、メール画面などを操作して作業しています。

 

不要になったタブは、Ctrl+Wで終了させるショートカットキーを使っていますが、これをCtrl+Qのショートカットと押し間違えると大惨事が起こります。不要なタブだけでなく、Chrome自体を終了してしまうんですよ。

 

もちろん別に開いていたウィンドウも全て終了。立ち上げてもう一度プロジェクトごとのタブを用意するのはめんどくさいことこの上ないです。

おそらく同じ悩みを抱えている人は多いと思うので、私が実践した解決方法をご紹介します。(※MacのChromeでは使えない方法です。Macの方はLIGさんの記事を参考にすると良いでしょう。)

目次

 

設定→拡張機能→ショートカットキーを選択

f:id:rough-maker-an9:20161125223713p:plain

Chromeのメニューから「設定」→「拡張機能」と進むと、画面の一番下に「キーボードショートカット」と出てきます。ここをクリック。

 

このページを訪れるようなChromeのヘビーユーザーであれば、少なくともいくつかの拡張機能を入れていると思います。が、もし拡張機能なんて入れてない!という方は、何らかの拡張機能をインストールしておいてください。たとえば、

 

Google Mail Checker - Chrome ウェブストア

 ↑Gmailへの一発リンク&未読メール数をお知らせする拡張機能です。

 

「Evernote Web Clipper」を起動するように設定

f:id:rough-maker-an9:20161125223717p:plain

すると、上記のような設定画面が表れます。私の環境の場合、「Evernote Web Clipper」という拡張機能を普段から使っているので、この拡張機能を実行するショートカットキーを、「Ctrl+Q」に設定

 

こうすることで、万が一誤ってCtrl+Qを押してしまってもChromeが終了することはなく、Evernote Web Clipperが実行されるだけにとどまります。

 

まとめ

ここで紹介したのはEvernote Web Clipperという拡張機能ですが、もちろんあなたの環境に合わせて好きな拡張機能のショートカットキーを当ててもらってOKです。

 

なんとしても避けたいのはCtrl+Qの押しミスからのChromeの強制終了なので、もし拡張機能を使ったことがないという人は、とりあえずGmailへ一発でアクセスできる&未読件数がひと目で分かるGoogle Mail Checkerをインストールしてみてはいかがでしょうか?