Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日に。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

クラウドワークス発注者が経験したライターのNGポイント3つ

f:id:rough-maker-an9:20160719124347j:plain

 

クラウドソーシングでライティングしている人向けのアドバイスです。

 

 

クラウドソーシングサービスってずいぶん拡大しましたよね。

 

私も使っているランサーズや、クラウドワークス、シュフティなど。

副業としてお小遣いを稼ぎ始めている人も多いと思います。

 

そんな人向けに発注者側の仕事を始めた私が、こんなクラウドライターは嫌だ!という例を挙げてみます。

 

ほんと、クライアント側で仕事を募集すると苦労が多いんですよねぇ。

 

目次

 

基本的な文章が書けない

まずはこれ。中学生が書いているの?と思ってしまうような文章が多すぎます。

 

例えばなんですが、この文章のように、読点(、のこと)が、非常に多くて、そして、読みづらく、そのうえ、接続詞が多用されていて、しかも、 読み手が疲れてしまう文章が、散見されるんです。

 

他にも、「なぜなら〜」とか「というのも〜」ではじまる文章の最後が「〜からです。」「〜という理由からです。」で締めくくられていないことも多数。

 

そうした基本的な文法が身についていない人に限って、作業を非承認として通知した後に「なにがいけないんですか!?」とキレ気味にメッセージを送ってくるので、救いようがないんですよね。

 

コピペ・リライトがある

続いては、言語道断のこのタイプ。他のサイトから文章をパクってくる人ですね。

 

勘違いしている人も多いんですが、ほかのサイトから文章をコピペして、少しだけ言い回しを変えて語尾を変化させておけば問題ない…なんて考え、甘いですよ。

 

私たち発注者側(クライアント側)は有料のコピペツールを導入してチェックしているので、他のサイトと一致しているかどうか一文字単位で精査できます。

 

 少し語尾を変えただけの文章でOKを出される…なんてことはありえません。そんな文章を自分たちのサイトに載せたら即Googleから評価下がってしまいますからね。

 

ちなみに、専門用語の羅列もそのままコピペするとアウト。

 

例えば、「赤血球、白血球、血小板、リンパ球が血液を構成する要素です。」という文章があったとして、

 

赤血球、白血球、血小板、リンパ球によって血液がつくられています。」はアウト。

赤血球、リンパ球、白血球、血小板によって血液がつくられています。」ならセーフです。

 

「このくらい一致するのは仕方ないよね〜」と甘く考えていると、信頼できるクライアントさんから、コピペを理由にブロックされてしまうこともあります。

 

クライアントさんに提供する文章は、しっかり自分が書いたものを送りましょう。超基本ですけどね。

 

指定した形式を守っていない

そして、作業内容をちゃんと読みましたか?と聞きたくなるライターさんも多いんです。

 

例えば、「リード文は100文字程度、見出しは3つ、各見出しで300文字以上の本文を書いてください。」という依頼なのに、

見出しが2つしかなかったり、リード文が200文字くらいになっていたり、1つ目の見出しで50文字、2つ目の見出しで550文字書かれていたり。

 

自分の書きたいように書くのはブログや日記だけにしてください!って言いたくもなってしまいます。

 

しっかりとしたクライアントさんなら、サンプル記事などで記事構成や写真の有無・「!」「?」などの記号を使っていいかどうかも指示をくれるので、それに沿った文章を書きましょう。

 

見出しを3つつくってください、という依頼なのに見出しを3つ、その中に小見出しを2つずつ勝手に作って送ってくるような自分勝手なライターさんもいます。

 

読みやすいように工夫してくれている感は伝わってきますが、それを心を痛めつつわざわざ削除してサイトにアップしないといけないクライアントの気持ちも汲んでくださいね。笑

 

しっかりした文法で指示通りの文章を書いてお小遣いを稼ごう

ということで、私がクライアント側として経験した、クラウドライターによくあるNGポイントをご紹介しました。

 

私自身も受注者側、ライターとしてクラウドソーシングを使ってお金を稼いでいる身でもあります。

なので悪文や悪ライターさんも勉強になるって言えば勉強になるんですが、やっぱり苦心して仕上げてくれた文章を却下してしまうのは心が痛みます。

 

文法がめちゃくちゃで文章構成もバラバラだと、私たちクライアントも作業をNGにしなきゃいけなくなりますし、ライターさんも嫌な思いをしてしまいます。

 

これを機にしっかりとした文法を身につけることと、クライアントさんが求めているのはどんな文章なのか、意識してみるといいですよ。

 

 

ちなみに、文法を身につけるならこの文庫がおすすめ。

 

 私が正しい文章が書けるようになったきっかけの本です。100件超えのAmazonレビューがあることからも良著であることがわかるでしょう。

 

 

SPONSER LINK