読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日を。ベタベタデイズがお送りします。

【MOS試験】Office365soloで1カ月だけOffice2013を使う裏ワザ

マイクロソフト マイクロソフト-Office

 

f:id:rough-maker-an9:20160704221808j:plain

たったの1,200円で、1ヶ月Office2013を使えるんです。

 

 マイクロソフト社のOfficeを仕事や勉強で使っている人は多く、就活のためにMOS試験を取得しておく…という学生も少なくないと聞きます。

 

マイクロソフト社で販売されているOfficeのバージョンは2016のみ(記事執筆時点)。一方で、MOS試験は2013バージョンのものまでしかありません。

 

実際に企業ではまだ2010や2013を導入しているところも多いのに、そのバージョンを入手して試験勉強をできないなんて、MOS試験の受験希望者は困ってしまいますよね。

 

しかし、実はOffice365soloという1年、または1ヶ月ごとに契約してOfficeを使える商品を使えば、今は販売していないOffice2013をインストールすることができるんです。

 

今回はその方法を紹介します。

 

目次

 

Office365soloでOffice2013をインストールする手順

早速画像付きで見てみましょう。

Office365soloを購入してマイクロソフトアカウントへのひも付けが終わったら、

 

https://stores.office.com/myaccount/home.aspx

↑からひも付けたアカウントでサインインしてみてください。

 

setup.office.comでプロダクトキーを入力

https://setup.office.com/

まだひも付けてないという人は、プロダクトキーを↑のページから入力しましょう。

マイクロソフトアカウントを持っていなければ、新規取得すればOKです。

 

Officeの管理画面「インストール」ボタンを押下

 

f:id:rough-maker-an9:20160704110515p:plain

 

すると、こんな画面が出てきます。

ページの上の方に「Office365solo」という表示があることを確認して、「インストール」のボタンを押します。 

 

「言事インストールのオプション」クリック!

 

f:id:rough-maker-an9:20160704110607p:plain

 

すると左側に「インストール」というボタンが表示されるのですが、

ここを押したくなる気持ちを抑えて「言語とインストールのオプション」へ進んでください。

 

もうひとつ!「追加のインストールのオプション」を押す

 

f:id:rough-maker-an9:20160704110623p:plain

 

そうすると、言語を切り替えるプルダウンメニューが表示されます。

ここではまだOffice2013はインストールできません。さらに「追加のインストールのオプション」をクリックしましょう。 

 

32ビットか64ビットでインストール

 

f:id:rough-maker-an9:20160704110636p:plain

 

ここでやっと本命の「その他のバージョンのOffice」が表示されました!

プルダウンメニューをクリックして開いて、「Office2013 - 64ビット」と「Office2013 - 32ビット」がどちらも表示されます。

お好みのビット数を選んで「インストール」ボタンを押しましょう。

 

「実行」を押してインストール開始!

 

f:id:rough-maker-an9:20160704110648p:plain

 

「あとわずかの手順で完了です…」という画面が表示されればOK。

インターネットエクスプローラなら画面の下に「実行」と「保存」、「キャンセル」が表示されると思います。

 

「実行」をクリックすればインストールファイルが実行されて、すぐにOffice2013のインストールが始まりますよ!

 

簡単ですね♪

 

おわりに

ということで、MOS試験などでどうしてもOffice2013が必要な人向けに、Office365soloを使ってOffice2013をインストールする手順をご紹介しました。

 

Office365soloは1ヶ月契約でも1年契約でも購入することができる(1ヶ月契約はオンラインのみ)ので、従来よりもずっとコストを抑えてMOS試験を受けることも可能になりました。

 

ちなみにこの方法はMac向けのOfficeにも応用できて、Macの場合は最新の2016にくわえてひとつ前の2011がインストールできます。

ただ、こうした方法はこの先ずっと使えるとは限らないようです(Mac向けの2011は9月に提供を終了)。

 

2011や2013が必要な人は、いますぐにOffice365soloを買って以前のバージョンをインストールしましょう。

 

 

 

参照:Office 365 Solo インストール - Office 365 Solo

参照:Office 2016 のアップグレード後に Office 2013 を再インストールする - Office のサポート