Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日に。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

『ミスミソウ』を読んだらトラウマになって夜眠れなくなった

f:id:rough-maker-an9:20160513200315j:plain

 

 

もう一生ホラーとかグロに触れないぞと決めました。

 

 

『ミスミソウ』っていうマンガを知っていますか?

 

 私も昨日まで知らなかったんですが、ふらっとAmazonサーフィンしてたら3巻読み切りで217円のセール価格(2016/05/13現在)になっていたこの本に目が止まって、気軽にポチッと購入したんです。

 

最近マンガをKindleの電子書籍で読むようになったので、とりあえず安かったので買ってみて読んだんですが、

 

すんごいグロテスクでトラウマになりました。笑

 

とっても悲しい物語

…いや、全然笑えないんだけど。

 

三角草。

この花は、厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして小さな花が咲く。

廃校が決まっている田舎の中学に転校した春花。

最後の卒業生となるクラスで春花を待っていたのは、鬱屈した環境の中、静かに狂い始めたクラスメートによる凄惨なイジメだった――。

(Amazon内容紹介より引用)

 

とありますが、凄惨どころじゃないですよ。悲惨です。惨憺で醜悪で、読む人によっては吐き気をもよおすこともあるでしょう。成人した大人でもきついですよ。

 

刺激の強い絵そのものもそうですけど、登場人物たちそれぞれのストーリーを読むのもきついです。

 

というか、登場人物はひとり残らず惨死しょっぱなから家族全員をクラスメイトに焼き殺される主人公の、むごたらしい復讐の物語なんですよ。(※ネタバレ含むため反転)

 

作者のメッセージって?

もちろん、1つのテーマを描いた作品であることは、作者あとがきでも述べているとおりです。

 

「普通の人を描こうとした」と書いた作者の意図はどこにあったのかわかりませんが、ホラーやグロが大丈夫な人はきっと、マンガの行間を読んで(図間を読んで?)作者の熱いメッセージに気づけるんじゃないかと思います。

 

Amazonのレビューも多く残っているので、ネタバレ覚悟で読んでみるのもいいですね。

 

ホラーとグロは二度と読まない

でも、元々ホラーやグロに耐性のない私にとっては、作中の絵が衝撃的すぎて、内臓が飛び出てきたり体がバラバラになるイメージが頭に強く残ってしまって、

夜はなんとか11時頃に寝付けたけれど午前1時に1回、3時に1回、5時に1回、作中の絵が夢に出てきてうなされながら起きてしまいました。

 

おかげで今日は無気力で非生産的な一日でしたよ…っと。

 

ホラーやグロが苦手な人は気をつけてね。それから、

 

 

本を買うときは表紙買いではなく、しっかりとあらすじとレビューを(少しだけ)読んでから購入しましょう!!!

 

夜眠れなくなっちゃうからね。