読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日を。ベタベタデイズがお送りします。

今月の目標は電子書籍出版!!

目標を毎月書きます。決意表明って大事。

 

 

 

 

 

はてなブログの「注目のブログ」にも載ることができた昨日投稿した記事で、読者さんからこんなコメントをいただいたんです。ちょっと長いですが全文引用。

 

 

人と同じ生き方でなくてもよいと思いますよ。
人間生きる時点で、リスクだけしかないですから。
どれが最良で幸福なのかは、のぐのりさん次第です。

その分、冒険になるので、なんでも自己責任になります。そこって、企業でいう社長や部長がやるような判断も求められる場合もでてくるかと思います。
゛のんびり生きる゛ために、働いて生活することも人間らしくてよいと思う。
日本では、こうでないとだめ!
常識だとこうだよ!
といいますけど、世界ではそうでないですよ。人生どう輝くかで違いますから。

私は以前、大企業に勤め、これは面白くないなと思い、退社しもうすぐ半年です。
今はプー太郎ですが、公認会計士になりたいなと思い、転職活動中です。

さて、のぐのりさんのブログを斜め読みですが、感じたことは、フリーランスとして何をどう目指したいのか目標がよくわかりませんでした。何か努力をやっているようにも感じませんね。。人にちゃんと言えるでなく、宣言したほうがいいですよ。
例えば、ダイエットを成功したいために、7月まで10キロ痩せると周りに宣言した後は、そこから運動したり、食事制限したりせざるを得ない。目標達成すれば自慢すればいいし、未達であれば何故そこの目標が達成できなかったかを考える必要があると思います。それが、追い込むのかなと思います。

例えば、フリーランスとして活躍するために、
どんな活動で活躍したいかの大風呂敷を広げてやらないと親も教授、親しい友人にも提示しないと誰も応援してくれないのかなと。
ただの机上の学習だけはダメだと思うんですよね。

人脈
情報収集(新聞、読書、ネットなど)
自分の能力を磨く
ヒューマンスキルをみにつける
などなど色々と行動して学んでいますか?

だだーっと殴り書きしましたが、今何もやってないならば、どんな企業でもいいので入社して、最低限のビジネスマナーぐらい身につけてからでも遅くないのかなと感じました。フリーランスならば、営業職がいいのかなと思います。
だから、友人の回答もあながち間違いだとは思いませんよ。フリーランスになりたいのであれば、今頃のぐのりさんは今何らかの活動するでしょうし。自身も言ってる通り、就活よりも厳しいんですから、普通の人ではいけないんです。

最後に、耳が痛くなるかもしれないが、友人が、この話を聞いて共感だけしかしていないようであれば、それはのぐのりさんの相談事について、なんとなく共感しただけに過ぎず、真剣に考えていないと思いますね。今、のぐのりさんの友人は、ゼミや就活などで、自分の人生で一番忙しい時期ですから。自分精一杯だと思います。
だから、のぐのりさんがフリーランスで成功できたと思える日がくるといいですね。

 

 

 全く面識のないこんな私に対して、1000文字を超えるコメントをもらえたことがとっても嬉しかったです。

 

だって、わざわざ時間をかけてコメントをしたって、無視されたり何の反応もなかったり、最悪無言で削除されるリスクだってあるんですよ。

 

そんな中、貴重な時間を割いて書き綴ってくれたことに感謝しつつ、助言いただいた「これから私が何をするのか」について、目標を表明したいと思います。

 

決意表明です。じゃじゃん

 

今月の目標は、電子書籍出版です。

 

実は、前々からKDPの勉強をしていて、温めていた原稿があるんですよ。内容はまだヒミツ。

 

まだまだ半分も原稿が書き上がっていない状態なので、今月までに書き上げて、表紙を自分で作り、

電子書籍として出版すること。これを今月の目標にしようと思います。

 

電子書籍ってブログと同じで、いったん書き上げてしまえば継続的に収入が入ってくる(はず)の資産型のコンテンツなんですよ。

 

だから、この一ヶ月がんばれば来月以降は何もしなくてもお金が入ってくる可能性もありますし、

 

今月の経験をバネに、来月は2冊、再来月は4冊…とどんどん書けるようになると思うんです。

どんなことも始めること、第一歩が大事ですからね。

 

 

あ、ちなみに。

周りに電子書籍を出版したい、っていう人がいたらぜひのぐのりに紹介してください!

原稿さえあれば表紙づくりと出版を代行させていただきます。

 

まずはお友達価格。もしくは無料でお仕事します。FacebookかTwitter、コメントからぜひどうぞ!

 

 

それでは、早速執筆と表紙の作成をがんばってきます。