Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日を。ベタベタデイズがお送りします。

【メルカリ】好印象を与える商品説明とプロフィールの書き方のコツ

f:id:rough-maker-an9:20160404133514j:plain

 

「ご遠慮ください。」「ご了承ください。」って書くのは3回までにしよう。

 

 

 

メルカリで出品している人の商品説明やプロフィールを見ると、こんな感じの文章がたくさん見つかります。

 

・素人保管のものになりますので、神経質な方は購入をご遠慮ください。
・喫煙者、ペットがいるのであらかじめご了承ください。
・コメントなしで即購入は禁止!
・買う気のないいいねやコメントは迷惑です。

 

あなたのページにもこういう文章、並べてしまっていませんか?

こういうネガティブな文章って、購入者の気持ちになるとわかるんですが、
なんとなく買う気を削いでしまうんですよね。

 

こんな人は買うな、これが気になるなら買うな、言うとおりにしないなら買うな。

 

みたいな。
いくら個人同士でやり取りをするフリマアプリだからって、あまりに上から目線な商品説明・プロフィールだと
きちんとしたマナーとモラルのある人の手が遠のいてしまいます。

 

高圧的な説明文を書く→そうした文章を無視した人が購入する→あなたは不快な思いをしてさらにネガティブな注意書きを書く→さらにモラルの欠けた人が購入する…

 

どんどん悪い方向に行ってしまう可能性が高いことが直感的にわかると思います。

 


ならどうするか。答えはシンプルで、ネガティブな表現をなくしてポジティブな文章を書けばいいんです。

 

・いいね&コメント大歓迎です!お気軽に連絡ください。
・喫煙者とペットがいますが、できるだけニオイや毛がつかないように丁寧に梱包します!
・プロフィールを最後まで読んでいただいた方には50円お値引します!
・傷や汚れのある場合は商品説明と画像でしっかりとお見せします。もし気になったらコメントください!

 

いかがでしょうか。こうした商品説明の出品者からは、なんとなく買いたい気分になりませんか?

 

私の場合にも、ネガティブな文章をできるだけ削ってポジティブな文章に入れ替えたことで、コメントをもらいやすくなり、
仲良くなったユーザーの方から購入してもらってリピートしてもらい、継続的な売り上げに繋がっています。

 

そもそもメルカリって、商品を吟味して3日間考えてから購入する、というユーザーよりも、
画像やタイトル、商品説明をちらっと見て衝動買いするユーザーの方が多いんですよ。

 

なのでいかに衝動買いさせるか、という視点を持って出品することが大事で、タイトルや画像が最も重要なポイントになるのですが、
いざ衝動買いしちゃおうと思ってたのに、商品説明を見たら注意書きばっかり。ほかのユーザーからのコメントに対する返信も雑だった…。
そんな印象を与えてしまったら、購入者の衝動を抑えてしまうことになります。

 

何かしらの商品を出品するなら、なるべく早く、高く売りたいですよね。
そのために購入者に衝動買いしてもらうため、まずはあなたの商品説明・プロフィールの文章を見直してみましょう。

 

 

ちなみに、招待コード【JTMQKK】こちらを入力すると、特典として300円分のポイントがもらえます。
まだ登録したことがない方はぜひ、入力してアプリを使ってみてください。

登録・ダウンロードは以下からどうぞ!

www.mercari.com

 

関連記事

【メルカリ】3月の売上は209,520円でした - のぐのりの日記

【メルカリ】軽い気持ちで始めたら月16万稼いでしまった話 - のぐのりの日記