Better Better Days

明日は今日よりちょっと幸せな日に。ベタベタデイズ【BBD】がお送りします。

ライフハック

MacbookPro 2017年モデルで毎日使っているスタメンアプリ7つ

昨年夏ごろ、MacbookProの2017年モデル、タッチバーつきの15インチタイプを購入しました。以後、スタメンで毎日使っているアプリがいくつかあるんですが、そういえば購入後一度も紹介してなかったなと思い、まとめてみることに。 それぞれのおすすめな使い方…

コツコツ型人間になりたいなら、「デイリーミッション」を設定してみよう

私が毎日ブログを書き、読書をし、運動し続けられているのは、自分だけの「デイリーミッション」をつくっていることが理由です。つまり毎日の「やることリスト」であり、「日課」とも呼べるでしょう。 特にコツコツ型人間になりたい人や、「デイリーミッショ…

オンラインストレージはひとつだけ契約しよう!複数運用はNGだと思う理由3つ

クラウド上にファイルを預けるオンラインストレージサービス。 現在ではDropbox、Googleドライブ、OneDriveなどさまざまなサービスが提供されていますよね。それぞれに「重要書類用」「メディア用」「バックアップ用」なんて役割を持たせ、複数のサービスを…

改悪化し続けるEvernoteから、Macメモ.appに移行できないか考察

なんでも放り込むことができて、検索性バツグンで、端末を問わず使えるメモアプリといえば「Evernote」です。 しかし、近年では端末が2台までの制限がかかったり、何度も繰り返しバグ修正アップデートが実施されたりと、使い勝手がどんどん悪化しているよう…

個人の成功体験がほかの人には当てはまらない統計学的な理由

「子どもを全員東大に合格させたノウハウ」とか、「私が20代で起業に成功した理由」みたいな、個人の成功体験をもとにした本はたくさん出ています。 でも、たったひとつの経験にもとづく成功理論がほかの人にも当てはまるとは到底思えませんよね。 今回は「…

「危機感、快感、期待感」で習慣化する目的を再確認しよう

人は習慣の動物である、とよくいわれます。 毎日続けている日記も、なかなかやめられないテレビも、習慣の力によるものなんですな。 今回は「悪習慣をやめる」ことに焦点を絞り、先延ばしや夜更かしなど悪い習慣を手放すためのコツを紹介します。

「成功の螺旋階段」で先延ばしグセを克服しよう

やらなければいけない仕事や勉強があるのに、つい先延ばししてダラダラしてしまう…。 私もこうした先延ばし人間のひとりです。 この先延ばしグセを克服するため、『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』で紹介されている「成功の螺旋階段」というテクニック…

Evernote for Macの「タブ機能」で並び替えルールを個別設定できるぞ

Evernote for Macに「タブ機能」が追加されているらしい。 イマイチ使い道が思い浮かばない地味な追加機能でした。 ですが、「並び替えルール」に注目して使ってみるとかなり便利だったので、私の使い方をシェアしたいと思います。

最強のビジネススキル「自制心」を賢く使おう

「自制心」ってのは、どんなビジネススキルよりも大事な能力だと思っています。 今回は「判断を減らす」ことによって、自制心を有効に使おう!って話を書いていきます。

冬は眠いのが当然!日光を浴びる時間を増やして元気を取り戻そう

冬になると睡眠時間が長くなる…。 そんな経験をしたことはないでしょうか。 今回は冬に睡眠時間が延びる原因を、「日照時間」をテーマに考えていきます。

ハロー効果とデビル効果の効果がヤバイので「第一印象」に気をつけるべし

「容姿の秀でた人の方が、面接で受かりやすい」 そんな話を聞いたことはないでしょうか。 そのメカニズム「ハロー効果」についての記事です。

知識も教養もある医師すら「利用可能性ヒューリスティック」で不合理な判断をする

人食いザメが登場する映画『ジョーズ』の上映後は、海水浴客が少なくなった。 そんな不合理な現象を、専門用語で「利用可能性ヒューリスティック」といいます。 今回はこれに関連した、医師の不合理な行動についてのお話。

目の前のごほうびに飛びつかないよう「時間割引率」を抑えるべし

心理学の研究で有名な「マシュマロ実験」というものがあります。 この実験では、ごほうびを我慢し、快楽を先延ばしできる子どもほど将来成功しやすくなるとされています。 この「ごほうびを待てるかどうか」にまつわる「時間割引率」が今回のテーマです。

新年の目標達成に役立つ3つの習慣

2018年1発目は、目標達成のためのエントリーです。 せっかく立てた新年の誓いや目標を守り抜くため、身につけておきたい3つのテクニックを紹介します。

「未来の自分」を過大評価するのはやめて、空想のヒーローは忘れるべし

私たちは、イヤな作業を目の前にしたとき、ついつい先延ばししてしまいます。 「明日の自分はできるはず!」と、未来の自分を頼ってしまいます。 今回は未来の自分のことを脳はどう考えているのかに焦点を当て、未来の自分を頼る危険性を説いていきます。

やりたくない仕事に取りかかるための「サラミ・スライス法」とは

私たちが「やる気が出ない」と考えているとき、目の前の作業を大きなものとみなしてしまいがちです。 そうではなく、大きい作業を「サラミ・スライス法」で分割し、小さな単位に分けてから作業に取りかかろう!という話が今回のテーマ。

最高のパフォーマンスを発揮したいなら「不安感」を取り除け!

私たちは人前に出たり緊張したりすると、いつも通りの能力が発揮できないことがあります。 この原因は「不安感」にある!と心理学的に認められております。 今回はそんな不安に打ち勝つための方法を、不安症を抱える私がお伝えします。

楽観主義は不幸になる?「現実的楽観主義」のススメ

『やり抜く人の9つの習慣』で紹介されている目標達成のための習慣のひとつに、「現実的楽観主義者になる」というものがあります。 「現実的楽観主義者」とはどんな人か。「非現実的楽観主義」とどう違うのか。 今回はそれをテーマに目標達成のコツを紹介し…

コンビニ通いから卒業し、貯金と健康を手に入れるための3つのステップ

コンビニって便利な反面、私たちの財布からどんどんお金を吸い取っていく掃除機みたいなサービスです。 貯金と健康という大きな目標がある私は、下宿していたときからずっと続けていたコンビニ通いの習慣を手放すことに成功しました。

「モノが捨てられない人」の原因になる3つの心理by『片づけの心理法則』

親や祖父母、あるいはパートナーに「モノが捨てられない」という性格の人はいないでしょうか。 そんな捨てられない性格には、3つの心理が隠されています。 今回はその3つを、『片づけの心理法則』から紹介します。

風呂場でアイデアメモを書き留めるには100均の「お絵かきボード」がおすすめ

風呂に入ってシャワーを浴びていると、なんだかやけにアイデアがひらめいたりしませんか。 私は風呂場でほぼ毎日アイデアが浮かぶので、100円ショップの「お絵かきボード」でメモすることにしています。

【高速化】WiMAXおすすめの設置場所はズバリ『エアコン横』だ!

WiMAXは、その性質上建物内だと受信感度が低くなる回線です。 私も部屋の奥まった場所に置いていたときは、スピードが安定せず、ネット接続にストレスがたまって困っていました。 しかし、エアコン横にWiMAXを設置したことで、現在はストレスフリーでネット…

生産性をあげたいなら「インプット」を減らすべし

「日本人は労働生産性が低い」という話をよく聞くようになりました。 ここでいう「生産性」とは、アウトプット ÷ インプットで示されます。 だったら、アウトプットはそのままにインプットを小さくすれば、生産性はあがるじゃん!という話です。

意思決定をジャマする4つのバイアス(偏見)に気をつけようby『決定力!』

私たちがなにかを決めるとき、感情やプライドなどがジャマしてくることがあります。 こうした意思決定をジャマする「バイアス」と、バイアスに対する対応策が『決定力!』で紹介されています。 今回はそのなかで紹介されている4つのバイアスについてまとめま…

『習慣の力』著者に学ぶ「やる気」を出すためのライフハック

『習慣の力』で有名なチャールズ・デュヒッグさんの著書に『あなたの生産性を上げる8つのアイディア』という本があります。 今回は同書の1章から、「やる気」を引き出すためのライフハックを紹介します。 キーワードとなるのは【自己決定】であります。

習慣形成の古典『習慣の力』に学ぶ習慣づくりのコツ

習慣が形成される過程には「きっかけ」「ルーチン」「報酬」の3つがあります。 新しい習慣を身につけたり、悪い習慣を手放したりするためには、特に「きっかけ」と「報酬」を特定することが大切。 今回は習慣形成の古典『習慣の力』から習慣づくりのコツを学…

MacBookProの発熱問題は「モニターを外す」ことで改善するぞ

特別重い作業をしているわけではないのに、MacBookProが触れないほど熱くなることがあります。 キーボードとキーボード上部が特に熱を持ち、指先がヒリヒリしてしまうほど。 この発熱問題への対処法は、「外部モニターを取り外す」ことにありました。

【朝イチ習慣】充実した1日にしたいなら、最初の1時間を充実させよう

なんの予定もない休日。 ついダラダラ過ごしてしまい「せっかくの休みなのに全然充実しなかった」と感じることはありませんか。 そんなイヤな休日を送らないためには、「朝の1時間だけ」がんばるのがおすすめ。

なぜ詳細なマニュアルではなく「シンプルなルール」が成功するのか

私たちが日常生活やビジネスにおいて「何かを決定する」場合、シンプルなルールにしたがうと成功する。 なぜなら、「余計な情報をシャットアウトし、制約のある選択肢のなかで意思決定すること」がベストな選択に役立つと心理学的に証明されているからです。…

<即断即決>意思決定に役立つ3つのシンプルなルールとは

どんな仕事をするか、何を食べるか、誰と人生を過ごすか。 私たちの生活には「意思決定」があふれています。 そうした意思決定に役立つシンプルなルールを3つ、『SIMPLE RULES 「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える』から紹介します。